[戻る]

投稿(妄想)小説の部屋 Vol.3

ここは、みなさんからの投稿小説を紹介するページです。
以前の投稿(妄想)小説のログはこちらから。
感想は、投稿小説ページ専用の掲示板へお願いします。

名前:

小説タイトル:

小説:

  名前をブラウザに記憶させる
※ 名前と小説は必須です。文章は全角5000文字まで。適度に改行をいれながら投稿してください。HTMLタグは使えません。


総小説数:1004件  [新規書込]
[全小説] [最新5小説] No.〜No.

[←No.198〜202] [No.203〜207] [No.208〜212→]

No.207 (2008/05/22 15:19) title:出会い☆過去編 その6
Name:砂夜 (p4251-ipbf1407funabasi.chiba.ocn.ne.jp)

柢王から桂花の様子を聞いた翌日。
アシュレはいてもたってもいられず某デパートに足を運んでみるのだが、接客中の桂花の少し離れたところにどうも不似合いな女性がいる。
とりあえずお客のふりをして桂花に近づき声をかけてみる。。。
  アー   『すみません。これを探しているのですが。。』−−今どんな様子なんだ?SPらしき人に背を向けこそっと聞いてみる。
  桂花   『はい。それはこちらになりますね。。。』それらしいところに案内しながら
        −−何故ここに?。ああ、柢王にでも聞きましたか?近いうちにある会社とうちのデパートのイベントがあるとかで
           それに関連しているみたいなのですが。まだ未発表のことですから外部に漏らすわけにいけないからと
           誰とも連絡できなくされてしまいまして。。。
  アー    −−そうか。相手はどこかわかるか?
  桂花   −−たしか大阪に本社をおいてる某会社と言っていましたね。
  アー    『なっ!!』
忘れるわけが無い!自分が会社を辞めるしかなかったあいつがいる名前!!俺一人ではすまないのか!?なんで桂花まで!!
  アー    −−そうか!ちょっとまってろよ!俺がなんとかするから!
引き止めようも止めるまもなく行ってしまったアシュレイを呆然と桂花は見送るのだった。。

それから数時間後。大阪の本社にいたネフィ。自分にアポなし来訪者がいることを知らされるが出された名前があの人物で。   
 ネフィ    『いいよ。ここに連れてきて?』ーよくここがわかったね。。さてこれからどうしようか?ーークスクス。。
そろそろ次の手をうとうと考えていたネフィは彼女がどんな行動にでるか見てみたくてたまならい。
 山凍    『あまり人で遊ばれるのは良くないですよ?もう少し穏やかに事を運びませんか?』
 ネフィ    『そうは言ってもねぇ。私は何もしていないじゃない?』お願いはしているけれどねぇ?ークスクス。

昔から自由にわがままを言う人ではあったが、最初からこうでは無かった。
早いうちに夫を亡くし、女手ひとつで息子2人を育てた母親はあまりにも頼り無いために長男のネフィがすべてを引き継ぐしかなかった。
年頃の弟にはろくでもない親戚どもがあの手この手で自分側に引きずり込もうとする。それから守るために片っ端から排除してきたら
逆に今度は弟に嫌われ出て行かれる始末。別に嫌われてもかまわないがこのままでは一族からはじき出されてしまうだろう。
それでは何の為にここまで守ってきたのか。いずれはこれらをあの弟に渡すためだったのに。。
それが出来ないならいっそこの弟で遊ぼうか?それともちゃんとまとめて無理やり継がせてみせようか?
それには良い(使える)お嫁さんが必要だけれどね。ーーティア?それが嫌なら徹底的にこの兄をたたき潰して出てお行き?
優しいお前にそれができるならね。クスクス。。

バンッ!荒々しく社長室の扉が開かれる。その場にいるのは先日の小猿の姿。
 アー    『てめえ!桂花になにしやがる!?』
 ネフィ   『いらっしゃい。よくここまでこれたねぇ?(呼んでもいないけど。)というより随分と乱暴だけど?』クスクス。。
 アー    『復讐なら俺一人でいいだろう!なんで桂花を巻き込むんだよ!?』(やっていい事の区別が出来ないのか!?)
 ネフィ    『復讐?なんの事かな?彼女のことなら知らないよ?某デパートが決めたことだからねぇ。。』クスクスクス。
 アー    『ふざけんな!お前じゃなきゃ誰があそこまでできるんだよ!』
       (柢王と桂花が会えないどころか連絡も取れないなんていくらなんでもやり過ぎじゃねぇ!?)
 ネフィ   『うーん?そうはいってもねぇ?今度のイベントには彼女はうって付けの存在だしねぇ?』(ついでにあの弟の花嫁にも。)
 アー    『だったら仕事だけにしとけば良いじゃねぇかよ!』
 ネフィ   『それなら。。そうだねぇ。仕事の方は終わるまでは無理だけど君が彼女に会うくらいなら構わないよ?』
       ー(ここまでたどりついたその根性に免じてね。)
 アー    『俺だけか?』
 ネフィ   『そう。君だけが。ただし条件がある。こちらも今度の事業は成功させたいからねぇ?情報漏えいは困るんだよ?
        君にもSPを付けさせてもらって逐一かれらに報告してもらう。別に行動の自由までは制限はしない。
        ただし期間中、君の動きがおかしい時はこの条件は即中止。それとそうだねぇ。君が彼と連絡をとるのは構わないけど
        イベントが終わるまでは彼女を逃がすこと、そして何より私の存在を誰にも言ってはいけない。どう?』
        (そんなに悪い条件ではないでしょう?)クスクスクス。。
 アー    『。。仕事が終わったらどうなんだよ?』(なんか裏がありそうだしな。。)
 ネフィ   『すべて終わったら君達は自由だね。。』(ただし彼女はこちらに来るだろうけど?)
 アー    『本当だな?』(信用できねぇ気がするんだけど。。)
 ネフィ   『信じるもしないも君の自由。』(さぁどうするの?)なんだか面白くてたまらない。
 アー    『分かった。。連絡を取ることくらいはいいんだよな?』
 ネフィ   『君とならね?直接は駄目。何かあれば彼と君を疑うよ?』クスクス。。

あんた最悪だよ。この部屋から出て行くときに最後に言った言葉。そして願うように言われたこと。。
もう他の人にこんなことをしないでくれ。いつまでもこんなことをしていたらいつかあんたのそばには誰もいなくなるぜ?

ーー余計なお世話。随分と真っ直ぐに人の目を見る小猿だねぇ。。クスクス。。
 山凍   『あれで良かったのですか?珍しく温情を出されましたね?』
 ネフィ   『たまにはいいんじゃない?ゲームには障害がつきものでしょう?』クスクス。。
       (父が亡くなったとき、あれだけ真っ直ぐな存在が側にいたら私はこんな風にはならなかったかも知れないけれど。
        それではここまで生きてはこれなかったでしょうしねぇ。。いつまで馬鹿正直でいられるのか見ものだねぇ?)
       『それにこのゲームにはあの弟の人生がかかってるしぃ?』(出来るだけの手はそう打ったし。。)クスクス。。
  山凍  (勝手に決めてもまた逃げられるだけだと思いますが。。)
       『それではこれからのスケジュールですがーー』

そうして運命のルーレットは廻り始めるのである。。


No.206 (2008/05/21 14:20) title:アシュレイと幸福の白いエプロン 2
Name:碧玉 (43.174.150.220.ap.yournet.ne.jp)

 「ええっ!!ここも売り切れーっ!!」
 とうとうアシュレイは店先に座り込んでしまった。
 それもそのはず。商店街にある八百屋、八軒すべてを回ったのだから。
「ちっくしょうーーーっ!!あのジジィめーっ!!」
 あの老人が買い占めたことは一目瞭然。
 行く先々に、あの強烈なニンニク臭がただよっているのだから。
 怒ったところで全ては後の祭り。
 悔しくても仕方ない。汚れを払い立ち上がり顔を上げると、斜め前の薬局が目に入る。
「そうだ!!」
またしても閃き感じアシュレイは、薬局目指して駆け出した。

「けっ、桂花!!なんでオマエが」
「パートです」
 アシュレイを白衣姿で迎えたのは従兄弟の嫁、桂花だった。
 金遣いの荒いダンナを持つ桂花は、家計を支えるため資格を生かしパートに出ていたのだ。
「ここは薬局です」
 馬鹿にした桂花の態度に瞬時アシュレイは背を向けた。だがティアの白い顔を思い出し腹に力を入れると再び桂花に向き直る。
「俺じゃない。ティアだ」
「守天殿? あの方に何か?」
 ティアの名を出した途端、先ほどの態度はなりを潜め、紫の瞳に真剣さが増す。
「いや病気でも怪我でもない。ただ、このところ疲れてるみたいで」
「そりゃ、そうでしょう」
 桂花はフンと鼻を鳴らし、チラリとアシュレイを見る。
 引っかかりは無視することにアシュレイは続ける。
「何か滋養剤でも――」
「滋養剤?」
 桂花は眉をひそめる。
「―――あなたの前でも元気がないんですか? あの守天殿が?」
 頷くアシュレイ。
「―――そのエプロンでも?」
「なんだよ突然!!」
「いえ、見覚えがあるような気がしたので」
「あっ・・・悪りぃ。柢王にもらったヤツだった」
 桂花に悪いと思ったのだろう、アシュレイはわすがに頭をさげる。
 そんな素直な態度に硬かった桂花の表情も和らぐ。
「似合ってますよ。ってより貴方用に誂えたものでしょう。 守天殿はご覧になりました?」
「いや、さっきおろしたばかりだ」
「だったら滋養剤はいりません」
 桂花はきっぱり言いきる。
「それより貴方に」と桂花はカウンターにあるドリンク剤をズイと差し出した。
「何だよっ!?」
「新発売の滋養剤です」
「俺ぇ!?」
「明日の朝には必要になります」
 再度桂花はきっぱり言いきると、カウンターにある数本のドリンク剤をアシュレイの買い物籠にすべらせた。
 慌てて返そうとするアシュレイに「買い物はいいんですか?」と桂花が時計に目をやる。
 つられて時計を見たアシュレイは飛び上がる。
 買い物どころか、ティアが帰って来る時間ではないか。
 予定変更。ティアを迎える如く駅へとアシュレイは慌てて薬局を飛び出した。
「間違って守天殿に飲ませなければいいけれど」 
 それは、それで楽しいかも。
慌てて去ったアシュレイにくすくす笑っている桂花の前に、旦那柢王が現れた。
「早いお帰りで」
「週末だぜ。おまえに会いたくて直帰で帰ってきた。もう上がれるだろっ」
 彼特有の軽口ながらも桂花の心ははずんでいく。
「タイムカードを押してきます」
 冷静を装いつつも足早に、桂花は店の奥へと姿を消した。
 桂花を待つ間、柢王は店内を探索する。
 薬局というのは中々に面白いものが潜んでいる。
 野生の感。早速カウンターにある見慣れぬドリンクに手にとると、その効能にニヤリと笑う。
「効き目は身体で試さなきゃな♪」 
 試飲品をいいことに数本まとめて飲み干した。
「お待たせしました」
「さ、とっとと帰るか」
 サッと袖で口を拭い柢王は、帰り支度で現れた桂花の腕をとり店を出た。
 空きビンは既にゴミ箱の中。証拠隠滅にぬかりない。
 柢王の手がいつもより熱いことに、桂花はまだ気づかなかった。

 アシュレイが全速力で駅に向っている頃、ティアは電車に揺られていた。
 帰宅ラッシュの少し前。座ることはできないがこれくらいなら快適だ。
 アシュレイと結婚する前のティアは新幹線以外電車は乗ったことがなかった。
 だから初めて電車通勤をした日は驚き、何十本も電車を見送ったものだ。
 けれども世の中は学習。今では人波に交ざって電車に乗り込むことも、痴漢と間違えられないよう混雑した車内では両手を上げることも覚えた。
 疲れないといえば嘘になる。だが今の生活すべてがティアには何よりも愛しく、守りたい存在であった。
「初めての定時だもん、花でも買って帰るかな」
 愛妻を思うと仕事疲れなど吹き飛んでしまう。
 到着と同時に電車を飛びおり、一気に階段を駆け上る。
「おかえりーっ」
 元気な声に顔を上げると、愛妻アシュレイが改札越しにいるではないか!!
ティアが気付いたと知り、アシュレイは買い物籠をぶんぶん振っている。
 そんなアシュレイに感激し涙を浮かべるティア。
 慌てているせいで幾度も自動改札にひっかかり、やっとのことアシュレイの前にたどりつき―――――――ピキン―――――・・・。
 浮かんだ涙もそのままにティアは固まった。
 ウィンクいちごが原因であるのはいうまでもない。
「アッ・・・・!!!!アシュレ・・・イ!!」
「どうした? 疲れたのか?」
「どっ、ど、ど、どしたの?(その格好)」
「おまえ定時に帰るっていうから買い物にきたんだけど・・・」
「かっ、買い物?」
 ティアはペタンコの買い物籠を覗き込む。
「うっ」
「どうした!?ティア!!」
 掌を鼻に、いきなり身をかがめたティアにアシュレイもしゃがみこむ。
「鼻血? のぼせたか? そんな混んで見えなかったけど」
 言ってアシュレイは顔を曇らせた。
「う、うん。のぼせたみたい(君に)」
 (ア、アシュレイっ、滋養剤まで!!夢にまで見る上げ膳据え膳っ!!)
 ティアの脳内は、もはやマグマ状態である。
「平気か? やっぱ夕飯はさっぱりしたものに・・・おまえ何が食べたい?」
「そんなの決まってる」
 きっぱり言ってティアはスクッと立ち上がると、空いた片手でアシュレイを掴み、家に向ってグングン歩き出した。
「夕飯がまだっ・・・なぁ出前にすんのか?」
 ウブな新妻はまだ気付いてない。
 自分が何よりのご馳走であることを。
 夕日がエプロンを薔薇色に染める。
 純真な新妻はその後何色に染まるか。
 それは明日のお楽しみ。


No.205 (2008/05/21 14:19) title:アシュレイと幸福の白いエプロン 1
Name:碧玉 (43.174.150.220.ap.yournet.ne.jp)

「ううーーーむ」
 昼下がりアシュレイは卓袱台にひじをつき唸っていた。
 つけっぱなしのテレビも、かじりかけの煎餅もそのままで。
と言うのも昼過ぎにきたティアの『今日は定時で帰ります』メールのせいだ。
二人はめでたく結ばれたものの上司エンマの妬みから、早出、残業あたりまえ、休日返上とティアの過酷労働が続いている。定時帰宅など結婚以来初めてのことだ。
「今朝はいつになく白い顔してたな。 貧血かも・・・よぉし今夜はいっちょ俺が腕をふるって」
 意気込んだのも束の間、イザ献立を考えると何も浮かばない。
 間の悪いことに頼みの母は、お隣さんから譲り受けた宿泊券で家族と共に温泉旅行。
「食材見て決めるか」
 今更ながら時間の無駄を悟ったアシュレイはヨッシャと立ち上がると台所にむかった。
 いつもどおりにエプロンに手を伸ばし、今朝洗ったことを思い出す。
 エプロンなくとも家事はできるのだが、割烹着を主婦の制服と着こなす母を見て育ったアシュレイには外せないアイテムだ。
「参ったな・・・そういえば柢王にもらったヤツがあったような」
 思い出すと同時に押入れに直行。ゴソゴソとそれらしき箱を引きずり出す。
「これだ」
 満足気に呟き箱を開けると、うっすら見覚えある白いエプロンがあらわれる。
 ティアと一緒になった祝いにと有名デザイナーにかけあい柢王がプレゼントしてくれた逸品だ。
「やたらビラビラが・・・。 けど動きやすいし、ま、いっか」
 一般のものよりフリルが多く、丈は短い。けれど動きに支障がないのでアシュレイはサッサとそれを身につけた。
 あの時鏡を見れば!!後々アシュレイは後悔することになるのだが、その時はまだ何も気づかない。
 光りの加減によって現れる『Eat Me』のロゴと誘うようなウィンクいちご柄を。

「ちわー、三河屋でぇすっ」
 勝手口からの聞きなれた声にアシュレイは台所にひきかえした。
 御用伺いの空也だ。
 空也は現れたアシュレイを見るなりカチンと固まった。
「ちょっと待ってくれ」
 空也を見ずにストック確認を始めたアシュレイは彼の奇異な様子に気付かない。
「んーーー、母さん出かけてるから何が切れてるのか・・おっと醤油がねーな、いつもの濃い口醤油一升・・・と」
「――――奥さんお留守なんですか?」
 復活進行形の空也がシドロモドロつぶやく。
「そ、隣から温泉旅館の宿泊券もらって家族総出で出かけたんだ。俺も行くつもりだったんだけどティアが休みがとれなくてさ。アイツひとり置いてくわけいかねーだろ」
「なるほど。・・・それで・・・」
 (今日はふたりきりなんですね)空也は言葉を飲み込んで、したり顔で頷く。
「醤油は玄関先に置いておきますね」
彼なりの気遣いを見せ「まいどー」の声をかけると空也は急いで立ち去った。
「なんでぇっ、アイツ」
 逃げるような空也に眉をひそめ、アシュレイは冷蔵庫を開けた。
 賢明な母はアシュレイが料理をするなど思いもしなかったのだろう。中は見事にスッカラカン。
「チッ!!よおしっ、まずは買い物、買い物っ」
 舌打ちしながら買い物籠を引き寄せると、白いエプロンをはためかせ、アシュレイは外へ飛び出した。

「レバニラ、餃子に焼肉、ドジョウにうなぎ」
 慌てて出てきたものの献立は何も決まってない。思いつくまま精のつく料理を口にし歩いていると、馴染みの本屋にさしかかる。
 毎度買い物の際、立ち寄る場所だ。だが今日は、と通り過ぎようとし立ち止まる。
「その手があるな」
 閃きを感じポンと手を打ちアシュレイは、意気揚々と本屋へと入っていった。

「ううーーーーむ」
「何かお探しですか?」
 本屋ナセルがアイュレイの背後から声をかける。
「今晩の献立」
 料理本に顔をつっこんだまま、アシュレイはぶっきらぼうに答える。
 そんなアシュレイの態度にもナセルは終始笑っている。
 立ち読みにうるさいと評判のナセルだが、心酔しているアシュレイは何時何時でもフリーパス。茶や菓子まで出る特別待遇だ。
「なにか要望でも?」
「バテバテの家のモンにスタミナつけてやろうと思って、何か精のつくものをっ・・・・駄目だ!!難しすぎる!!」
 パタンと本を閉じアシュレイは、クルッとナセルに向き直る。
 途端ナセルはピキンと固まった。
原因はもちろん『Eat Me』とウィンクいちご。
(アシュレイ様っ、なんて情熱的な!!そりゃバテるでしょう若旦那)byナセル
「やっぱレバニラかな〜」
 ナセルの脳内思考など知るよしもなくアシュレイはブツブツつぶやく。
「レ、レバニラ!!駄目ですっ!!そっ、そりゃ精はつきそうですが・・・」
「あん? おまえレバニラ嫌い? じゃあ餃子はどうだ?」
「いえ、餃子はっ・・・」
「えーーーっ!!なんだよっ、じゃあ焼肉っ」
「焼肉っ!! そんな、あからさまなっ!!」
「もういいっ!!」
 何を言っても否定するナセルにアシュレイは怒って外へと飛び出した。

「ナセルの奴、俺が料理のひとつもできねーと思ってやがるっ」
 悪態を吐きドスドス歩いていると八百屋にさしかかる。
 色とりどりの野菜や果物に引き寄せられ、アシュレイは立ち止まった。
 店に踏み込みグルリと見回すと、何故かニンニクが目についた。
 直感を感じ手を伸ばしかけたアシュレイだったが、目眩を感じしゃがみこむ。
突如襲った強烈なニンニク臭のせいだ。
 臭いは更に強くなる。
 それもそのはず、臭いの元がアシュレイの隣にいるのだから。
 いつの間にアシュレイの横にいたのは、全身紫でコーディネートしているヨボヨボ老人。
 その奇抜な装いは、まるで変わったオブジェのようだ。
 老人は異臭でへたり込んでる人々にはお構いなしに、ヨロヨロ押してきた歩行器の上によじ登り、ニンニクの山に狙いを定めるとピョンと一気にダイブした。
 息を呑む外野は何のその、両手いっぱいニンニクを抱え、アシュレイ同様しゃがみこんでいる店主にニンニク臭の浸みこんだ貨幣を渡すと、慣れた様子で歩行器の荷台に詰め込んだ。
 そして勇ましく拳をふりあげると「ニンニクパワーぢゃ!!」と雄叫びを揚げ、くの字に曲がった身体には信じられないスピードで歩行器(ニンニク)と共に去って行った。
 アシュレイが立ち上がれるようになった時には、もはや一欠けらのニンニクも残ってはいず。
「ちっくしょーーーう!!」 
 別段ニンニクが必要というわけでもないのだが、なけりゃ欲しくなるのは人の常。
 主旨のズレには気付かずに、今やニンニク獲得を使命にアシュレイは白いエプロンをはためかせ全力で駆け出していった。


No.204 (2008/05/20 04:38) title:海水浴日和♪
Name:ユウリ (p57cab2.tokynt01.ap.so-net.ne.jp)

マンションの台所で桂花はお弁当を作っていた。
「桂花〜。ちょっとエプロンの中脱いでみねー?」
柢王の手が桂花の肩口に伸びる。
ペチッ!
「もう何してるんですか!朝っぱらから・・」
「いや〜。後姿がそそるっつーか。」
「ほらほら。もうすぐ猿達が来ますよ。」
 
ピンポーン
「おーい。柢王、迎えに来たぞー。」
「柢王、桂花、お待たせしました。」
 
今日はフグ田家と波野家の新婚カップル同士、海水浴に行くことになっているのだ。
ティアが運転するレンタカーで、4人は勝○海水浴場に到着した。
この海水浴場は、比較的こじんまりして、きれいな砂浜が広がる穴場なのだ。
この辺の情報は、事前にナセル(じんろく)から入手済みだった。
 
海についた一行は、さっそく水着に着替える。
アシュレイも桂花も、この日の為におニューの水着を用意してきた。
アシュレイは、キャロットカラーのセパレートで、フリルスカートを合わせている。
サザ○ヘアとあいまってとてもかわいらしい。
「おかしくないか?ティア・・」
「とってもかわいいよ!アシュレイ。」
一方桂花は、白雪色のシンプルなデザインだが、背中や胸元の刺青が美しく露出されている。
腰には棕櫚の柄のパレオを纏っていた。
「サイコーに色っぽいぜ!桂花。」
「・・・///」
 
 
ランチを済ませた後、体を焼き終えた柢王は、桂花をゴムボートに乗せて、海でまったり過ごしていた。
アシュレイは泳ぐのを止めて、パラソルの下で寛いでいるティアの元に戻ってきた。
「ティア、暑くないか?アイス買って来てやるよ。何味がいい?」
「ありがとう、アシュレイ。じゃあバナナ味を頼む。」
「わかった。じゃあ行って来るな!」
「人が増えてきてるから気を付けてね。」
 
「すみませ〜ん。バナナ味のアイスを一つ下さい。」
「うちにはバナナ味は置いてないんだよー。」
アシュレイは隣の海の家に向かう。
「バナナ味のアイスありますか?」
「ごめんねー。バナナ味はないなー。バニラの間違いじゃなくて?」
「すみませーん。」「うちはバニラしかないよ。」
バナナ味を探す内に、ふと気付くと見慣れない景色が広がっていた。
知らぬ間に隣の海水浴場まで来てしまっていたのだ。
 
「彼女〜、一人?」
アシュレイは二人組みの男に声を掛けられた。
「いや、4人で来たんだけど、迷っちゃったみたいなんだ。」
「ぼくらも4人なんだ。向こうに二人いるから一緒に仲間を探してあげるよ。」
「ホントか!」
 
───その頃
「どうしよう柢王!アシュレイがアイス買いに行ったきり戻らないんだ。
海の家にもいないし・・。」
「どうせ迷ってるんだろ。俺が連れ戻してくるさ。ティアと桂花はここにいろよ。」
 
 
アシュレイは、男達に持て囃されながら、‘隣の海水浴場’でティア達を探していた。
「一緒のお友達も君みたいにかわいいの?」
桂花のことかな・・?
「うーん。桂花はかわいいっていうより、きれいかな。スタイルがいい。」
男達は、目配せして小さくガッツポーズを作っている。
 
「おい、アシュレイ!」
「あ、柢王!ちょうど戻る所だったんだ。アイス見つからなくて・・。」
柢王はアシュレイの腕を引っ張り、肩を組んだ。
「俺の連れに何か用か!」
「ちっ、なんだ〜。男連れかよ〜。」
男達は立ち去って行った。
 
「全くお前は警戒心が無さ過ぎるな。ティアが心配してたぞ。」
「ごめんな。わざわざ迎えに来させちゃって・・。」
その後二人は和気藹々と肩を組んだまま、ティアと桂花の元に戻った。
「アシュレイ!大丈夫だった?怖い目に合わなかった?怪我はない?」
「ごめんな、ティア。バナナ味見つからなくて・・」
「君が無事戻っただけで十分だよ!」
ティアはアシュレイに抱きついて、しきりにその存在を確かめている。
「───柢王。ずいぶん猿と仲がよろしいようで。」
「へっ。いや、あれはだな。変なやつらにアシュレイが引っ掛からないようにだな・・。」
「そんな人達、いないようでしたけど?」
「いや、向こうにいたんだよ。そのまま、話が弾んでだな・・。
桂花〜。すまんっ。機嫌直してくれよ〜。今日の夕飯は俺が作るから。」
「今日は外食でしょう?」
「じゃあ欲しがってた鍋買ってやる!」
「ル・クルーゼですよ?」
もちろん桂花は本気で疑ってはいなかったが、
たまにはこんな柢王もかわいくて、もう少しだけこのままでいよう、と思ったのだった。
  
 
END
 


No.203 (2008/05/19 23:18) title:出会い☆過去編 その5
Name:砂夜 (p4251-ipbf1407funabasi.chiba.ocn.ne.jp)

ガラガラガラ!ガッシャン!玄関の戸を荒々しく閉める音。
ドタドタドタ。。。バタン!。。
こんな時間に誰が帰ってきたの?子供達はまだ学校だしお父さんもアシュレイも仕事に行っているはず。
玄関に行くと放り出されたアシュレイの鞄と靴。アシュレイが帰ってきたのね。。ふぅ。いやに早い帰りだこと。。
アシュレイの部屋からまたも騒がしい音がする。。物を投げつける音、一体何があったの?
ガッシャーーーン!!!窓ガラスまで割る程だなんて!
いくら強気でお転婆娘のアシュレイでも普段から物に当たる事をする訳ではないのに。
  アー   『ちくしょうっ。ちくしょうっ。ちくしょうーーーー!!!』肩で息をしつつそれでも怒りはおさまらない。
     どうしてこんな目にあわなきゃなんねえんだよ!そんな悪い事してなんかねぇって!?
  グラインダーズ『一体どうしたの?。。シュレイ?ここを開けなさい!!』なにかで襖を開けられないようにしているみたい。
とたんピタリと止む音。。。あまりに静かになりすぎて逆に不安になる。
  アー    『なんでもねぇよ。。少しほっといてくれ。。』ふるえる涙声、まだ落ちつかねえ。。
本当に何があったのだろうか?みんなが帰ってくるころには浮上していればいいのだけれど。。。

事の起こりは数日前に遡る.
アシュレイが痴漢を追いかけ階段から足を踏み外し数段下のティアを巻き込み下敷きにしてしまったあの日にはまだ続きがある。
怪我の無い様に受け止めてくれたのにまったく無関係の男性(ティア)を痴漢呼ばわりし更に拳骨でとどめをさしてしまった事件ー。
なんとか謝りたくて警察に相手の身元を聞き搬送先の病院に桂花と一緒に行って見れば、
やはり頭を打っているから念のため入院して安静にしなくてはならなくて謝る事はおろか顔を見ることも出来なかった。
  ネフィ   『ふーん?君があれを痴漢呼ばわりしてくれたの?』ジロジロジロ。。なんて生意気な女。。
         こんな小猿をかばって自分は犯人呼ばわりされるなんて?恥さらしもいいとこだねぇ。。クスクス。。
  アー    『なっ!初対面の人間に失礼じゃねぇ?』一体だれだこいつ!?ここで笑うか?言葉より態度が気に入らない。
その後駆けつけた警察によって容疑者は捕まっているから誤解は解けているはず。それが分かってはいても一族の恥は恥。
第一印象最悪状態。これから喧嘩が始まるような険悪ムードの怪しい雰囲気の中。
  桂花    『申し訳ありませんが?』お互い落ち着きませんか?
一緒について来た桂花。あまりにもアシュレイの様子がおかしくて心配して付いて来てみれば相手はなんて礼儀知らず。
といっても怪我をさせたのはこちら側だから強く出ることは出来ないけれど。
某デパートで働く桂花は様々なタイプのお客様に気持ちよくご来店いただく為、またリピーターを作る為それなりの努力をしている。
そしてタイプ別に対処方法を変えるのだが今回のこの人物像はどうにも掴めない人柄だった。。というより直感的には近寄りたくない。
だがそうはいってはいられない。アシュレイがどうしても謝りたいというから少しは助けになるかと思えばあの人の家族がこれ?

一方ネフィ。初めてその存在に気がついたように桂花を見るが、遠くから見るより近くで見るほうがやはり美貌が際立って見える。
意外とお互い負けてはいない。。(うーん。。気に入ったかも。。この娘ならあれも気に入るかもねぇ♪)
 ネフィ    『君は関係ないんじゃないの?それとも何?この子(小猿)のお姉さん?だとしたら全然似ていないねぇ。。』
        片や小猿、片や君で。。ホントに面白いったら。。
        『なら、君がこの子の代わりをしてくれる?』ふふ。。。お人形さんにしてもいいくらい目の保養になるし♪
  桂花   『〜っ!!』ゾワゾワゾワ。。。やっぱり自分の観察眼は外れていない。危険!さっさと終わらせてここから離れないと!
  アー    『桂花は関係ないっ!』ふざけんなっ!こいつは柢王の恋人なんだから何かあってたまるかっ!
  ネフィ   『もういいよ?あれが目を覚ましたら馬鹿女が謝りに来ていたといっておくから。』いい加減飽きてきたしねぇ。
でもそれなりのお礼はさせてもらうけど?クスクスクス。。小猿にはそれなりの。隣のきれいな娘にはそうだねぇ。。
あの件に使えたらいいのだけれど。。
  アー    『!!』馬鹿女?こんなのがあいつの家族?世の中広しと言えどここまで言うとはなんて奴!
  アー    『分かった!もういい!!もう知ったこっちゃねぇ!桂花帰るぞ!』桂花の手を引き病院を後にするのだが。。

新規事業提携で某デパートとの打ち合わせで久しぶりに上京してみれば弟が怪我をして入院したとの知らせが入った。
何をやってるんだか。あの弟は?よくよく聞いてみるととある事件に巻き込まれて怪我をしたとのこと。。
馬鹿馬鹿しい。愚弟とは言え一族の一員には変わりがなく、誤解と分かってはいても面白い訳が無い。。
痴漢呼ばわりしたその馬鹿女の身元を調べるよう命じた時、ちょうどその本人が現れたのである。。
そして本人が置いて行った身元証明をするものの控え。これで子猿本人に手を打てるし、
どうやらあの綺麗な娘は知り合いのようだからそこから割り出せばどうにかなるだろう。。独身なら言うことないよねぇ。。
クスクスクス。。今度こそあの弟をまとめて見せようか?で、後を継がせて私は楽隠居♪いい加減自由が欲しいものねぇ。。
(。。。なんか嫌な予感もするけれど?。。)さぁ、楽しいゲームの始まりだよ?

それから数日後、イベントモデルの話を力任せに桂花に持っていき、どうやら恋人がいるらしいと判明した時
SPを付けて桂花の監視をはじめたのである。。
  ネフィ   (せっかく見つけたお人形さんだしねぇ。。逃がさないよ?)クスクス。。

そして桂花の身辺に異変が起きた頃。アシュレイは会社に出勤と同時に上司に呼ばれ、別室で面談を受けていた。。     
  アー    (今日の仕事はあの取材に行く準備をしてと。。。ん?呼び出し?なんだ?)
  文殊先生 『アシュレイ君?。。君。。。いや。多分何も分かっていないだろうけど。。相手が悪かったといか言いようがないな。』
  アー     『何がですか?』(。。。いやな感じだなぁ。。そりゃ、よく失敗はするぜ?短気だし怒りっぽいし。。)
  文殊先生  『言いにくいことなんだが。。今日限り君は会社に来なくていいよ』
  アー     『は?何故ですか!何かしたってなら理由もちゃんと言って下さい!納得できない事なら絶対嫌ですよ!?』
  文殊先生  『君はただ巻き込まれただけなのは分かってはいるんだけどね。。』
  アー     『だから何だってんだよっ!』言葉使いに地が出てくる。。
こんな時でもアシュレイはアシュレイ。ここぞとばかりネクタイを引っ張る。おいおいおいそれでは上司の首を絞めるんじゃないのか?
  文殊先生  『っだっからっ。。ゴホッゴホ。。お前は私を殺す気か〜!』
事の真相は。。そうあの人。ネフィがアシュレイの会社に圧力をかけ、アシュレイを首にすれば良し、
出来なければ今後の取材をすべて出来なくするという。。小さな出版社。多方面に渡る仕事があるのにそれでは死活問題。
相手があれほどの相手では無ければいくらなんでもここまではしない。。すまないが諦めてくれ。。
そう言われてしまえば何も言えなくて。。ただ、ただ、会社を辞めるしかなかったのだ。。
そして冒頭に戻る。。。

時間がたって気持ちが落ち着いたアシュレイは明日から何をしようかと考えていた。。
  アー   (ん?部屋の中が暗い。。もう夕方。いや夜になってるのか。。随分散らかしちゃった。。片付けようか。。
        あ〜あ。。せっかく今の仕事に慣れてこれから先頑張っていこうと思っていたのになぁ。。)しょんぼり。。
というより明日から何かと思うこと自体前向きな姿勢でいるアシュレイの良いところなのだが部屋の外から聞きなれた声がする。。
どうやら家族が心配してくれたらしい。ん?柢王の声もする?何でだ?
不思議に思って襖を開けると一家全員勢ぞろい。。あわてて用事がある振りをして各々の部屋に戻っていく。。
  アー   『あははは。みんな心配してくれたのか。。というか柢王。なんでいるんだ?』
  柢王  『あんまり心配かけんなよ?たまたまここに来たんだけどな。。お前の様子がおかしいからってひきとめられたんだって。』
  アー   『そうか?悪かったな。。で?たまたま来た用事は終わったのか?』
  柢王   『いや。。まだだけど。お前に頼みごとがあってさ。。また今度でもいいぞ?』
  アー   『お?いいぜ?何があるんだ?珍しいじゃんか。。』
  柢王   『〜実はな。。』
そして桂花もまた巻き込まれていたことを知るのだった。。


[←No.198〜202] [No.203〜207] [No.208〜212→]

小説削除:No.  管理パスワード:

Powered by T-Note Ver.3.21