[戻る]

投稿(妄想)小説の部屋 Vol.3

ここは、みなさんからの投稿小説を紹介するページです。
以前の投稿(妄想)小説のログはこちらから。
感想は、投稿小説ページ専用の掲示板へお願いします。

名前:

小説タイトル:

小説:

  名前をブラウザに記憶させる
※ 名前と小説は必須です。文章は全角5000文字まで。適度に改行をいれながら投稿してください。HTMLタグは使えません。


総小説数:1004件  [新規書込]
[全小説] [最新5小説] No.〜No.

[←No.74〜78] [No.79〜83] [No.84〜88→]

No.83 (2007/02/12 14:48) title:Colors 2nd Floating Along
Name:しおみ (l198059.ppp.asahi-net.or.jp)

『夢は飛ぶことに人を慣らす──(J・コクトー)』

「よ、アシュレイ、ティアはどうした?」
 まばゆい光差すテラスのテーブルにいたアシュレイに柢王が尋ねた。半そで綿パンの機長は気楽ななりだが、待機の
機長もTシャツ短パン、いつでもそのままビーチへどうぞだ。
「なんか山凍部長と出て行った。またすぐ戻るって。おまえこそ、あいつは?」
 桂花、だがアシュレイはまだ名前で呼べない。が、柢王はわかっているので、
「まだ寝てる。起きるまでおいとこうと思って」
 昨夜、目を覚ました後の桂花が再び目を覚ましたかは柢王にはわからない。ただ柢王が起きた時にはよく眠っていたし、
身支度しても目覚めなかった。ふだん眠りの浅い桂花にはないことだ。路線訓練の疲れも出る頃だろし……。
(昨夜のあれ、結局なんだったか教えてくんねーもんなぁ)
 驚いた顔のわけ。あんな驚いた顔をするからには、何を見間違えたかでいいから知りたい。
(ま、いっか。起きてから聞けば)
 心で呟き、肉を噛む柢王に、
「あ、なぁ、柢王……」
「んー?」
「俺、昨夜、変なもん見たんだけど……」
「変なもん?」
「なんかすごい服着た変なやつ。廊下のとこでうろうろしてた」
「なんだそれ、変質者か?」
 尋ねた柢王はなぜか背筋に悪寒を覚えた。今日も気温は最高100℃くらいまでいきそうなのに。
「俺が声かけようとしたら走って逃げてったけど、やっぱ警察呼べばよかったかなぁ」
「でも回廊だろ? 客じゃねぇか? たまたま迷ってたとか……回廊は暗いしさ」
「でもサングラスしてたぞ。帽子も被ってたし」
「それは……」
 暑くてネジが外れた人だろうか。それとも初めから外れている人。考え込むアシュレイを前に、柢王の背中にはまた
わけのわからない冷や汗が流れた。

 ふたりは食事の後、ホテルを一周して、水晶を使った工芸品店やクラフト作成の建物にも行ってみた。民族館で美麗な
民族衣装を見ている途中で、ティアが戻ってきた。
「ああ、柢王、ちょうどよかった。桂花は?」
 尋ねたティアに、柢王はまだ寝てると答えた。ティアは一瞬怪訝そうな顔をしたが、すぐにあああと頷いた。奥深い答えだ。
「じゃあ、桂花にはおまえから聞いてほしいんだけど、今夜の王宮での歓迎パーティーね。陛下がよければ機長たちも
招待したいとおっしゃって。オフなのは説明したんだけど、聞いてみてくれと言われたんだ。そんなに長い時間は取らない
はずだし、桂花が行くならおまえにも来てもらうけど……」
 でもいやだよね、ふたりでいたいよね。ティアのまなざしに柢王は苦笑する。行く方がティアのためにはなるだろう。
それに、オプションの柢王には決定権がない。
「聞いてみる。でも、あいつが嫌だって言ったら、悪いけど、カンベンな」
 微笑んだ柢王に、ティアはすまなさそうに頷いて、
「うん。本当に無理しなくていいからね。他の機長にはいまから聞くんだけど、アシュレイ、君は来てくれる?」
「え、俺、スーツとかないぞ?」
「うん、君は制服でいいよ。陛下はパイロットに会いたがっていらっしゃるし。誰もシャンデリアほど目立てないし」
 なんでも王宮は床総水晶張りの美麗な建物らしい。
「あ、アシュレイ、街に行くって言ってたよね? 街で一緒にお昼できるかな」
「ああ、いいぞ。おまえが用済んだら電話くれたら」
「うん、わかった。柢王には後から電話するからね」
 ティアはそう告げると、一度部屋に戻る、と去っていった。
「忙しそうだな」
 見送った柢王に、アシュレイが頷き、
「旅行部門の企画もあるんだと。ティアのやつ、自分こそ休めばいいのに」
「それができないのがあいつだよな」
 それに暇ができたらおまえの便で日帰りするし。柢王は心で呟いたが、言わず、
「んじゃ、俺そろそろ部屋に戻るし。水と生物に気をつけろよ、アシュレイ。暑かったらちゃんと日陰入って休めよな」
「わかってるって。んじゃ後でな、柢王」
「おう、後で」

                        
              * 

 赤いトロッコ列車が海岸線をゴトゴト走る。海風に長い髪がなびくのを頬で感じる距離感に、柢王はご機嫌だった。
 柢王が部屋に戻った時、桂花はもう起きていてシャワーの後だった。
 ティアの話をすると、返事は『行く』。それがティアの役に立つなら──他の機長も同様だろう。オーナーがスタッフ
思いならスタッフもそうなる。予想していた柢王にも異議はなく、ふたりは桂花が着替えて食事してからホテルを出た。
 目的地は真っ白な砂浜が目にまぶしいコーラル・コースト。
 この島は大抵そうなのだが、ここも伸びた椰子の木が風に高く葉を揺らすほかに視線を遮るもののない美しい浜辺だ。
足元に崩れていく白砂。透き通る海。突き抜けるような完全な青空を背景に、沖へ行く白い客船が切り絵のごとき
鮮明さで浮かび上がって見えるのが奇跡のようだ。
「さっすが路線で来てただけのことあるな。ここってまだメジャーじゃないんだろ」
 海岸に降り立った柢王が、瞳を輝かせて尋ねた。うーんと伸びをすると肺いっぱいに潮の匂いがする。桂花はそれに
穏やかに、
「吾も話に聞いていただけです。海岸にはあまり来ませんでしたから」
「へぇ? でもここって中二日くらい飛ばねーんじゃないの? その間ずっとホテルか街か?」
「ホテルも設備がいいところはいいですからね。あとは文化的な施設があれば見に行ったり」
「そういうの、好きなんだ? ま、海は誰かと来た方が楽しいよな。特にコ・イ・ビ・トと」
 柢王は笑って、桂花の唇に触れた。人目がないので何をしてもいいようなこの開放感がまさにリゾート。
「うわ、すげぇ、底が見える」
 海底にくずおれていく砂の流れさえ見える。透明度が高い。きらきらと日差しをはじく水面が水晶のようだ。
「あー、やっぱ泳ぐ支度で来ればよかったかなぁ」
 波打ち際でくやしそうな顔をした柢王に、桂花が笑って、
「ではどうして泳ぎに行くのは嫌だと答えたんですか」
「え、だっておまえの肌人に見せるのやじゃん。つか、ここでだったら見せてくれていーけど。俺しかいねぇし」
 奔放男の期待に満ちたまなざしに、クールな恋人の答えは肩をすくめる、だ。柢王は笑って、
「けど、このまま見てるだけもつまんねーし。おまえ、裾あがらねーの?」
「これ以上はムリですね」
「ふくらはぎか。んじゃ、わかった。ちょっと髪前に流して。あ、おまえは俺の首に手まわしてくれてたらいーからさ」
「え…柢王っ」
 桂花が声を上げるのも構わず、柢王は桂花の体を腕に抱え上げた。靴を脱ぐとそのまま海に入っていく。バシャバシャ
音が立ち、水飛沫が上がる。桂花があぜんと目を見開く。
「すげー! 見ろよ、桂花、俺の足元まで透けて見えんぞっ」
 嬉しそうに叫んだ柢王は、桂花の体を傾げてその足元も海につけようとして気づいた。
「なんだよ、心配しなくたって落とさねーって。つか、もうちょっとしっかり掴まっててくれたら楽だし、嬉しいけど」
「……あなた、本当にこわいもの知らずですね──……」
 桂花が、信じられないと言いたげな声で言った。初めて聞く声だ。それに初めて見る顔。柢王は笑って、
「んなの子供ん時からよくやってたぜ? ティアんちの池でアシュレイと鯉取ろうとしてすげぇ怒られてさ、一週間くらい
出入り禁止にされたよ。天気いーしさ、帰るまでに乾くって。つか、リゾートだし、誰も気にしやしねーって!」
 悪びれずに宣言する柢王に、桂花はあきれたような目をしていたが……。
 ふいに、その紫の瞳に笑みが宿る。それが顔いっぱいに広がって、笑い出した桂花に柢王が目を見張った。が、それもすぐに頬を紅潮させた輝くような笑顔に変わった。
「すげぇ…! おまえ、笑った顔ものすごい美人だし!」
 歓声を上げて、海水を弾き飛ばしてぐるぐる回る。

「うっわ、砂だらけだなー」
 砂浜に腰を下ろした柢王は、足から腰からまといつく砂に嫌な顔をしたが、隣の桂花は笑って、
「あたりまえですよ、あれだけ濡れたら。本当に、驚かされる人ですね」
 手を伸ばして柢王の頬についていた砂を払った。一度満開の笑顔を見せた美人は、肩の力が抜けたような優しい顔だ。
柢王はその顔を見つめ、そして、その頬に手を伸ばした。
 沈黙が続いた後で、
「潮の味がしますよ」
 柢王も笑い、
「リゾート風味ってとこだな。つか、ほんと、おまえの笑顔、腰が抜けそうだった。やっぱここ来てほんとによかったよな」
「そんなにふだん笑っていませんか」
 桂花が面白がるように尋ねた。柢王は砂に寝転がるとその顔を見上げて、
「笑ってねーんじゃねぇけど、今日みたいに声立てて笑ったことないじゃん。ま、あんま会えねーから見れねぇだけかも
しんねーけど」
 笑っていてくれると、自分を信じてくれているようで嬉しくなる。カッコよくない言葉は省いた柢王に、桂花は笑い、
「あなたといると退屈しないですよ。いつも予想外ですからね」
「なんだ、その愛情こもらねぇコメントは? つかおまえでも退屈とかすんの?」
 冗談のつもりで聞いたのに、答えは意外にも、
「していましたよ、ずっと」
「ずっと?」
「特にやりたいこともないし、関心のあることもないし、退屈してた、ずっと」
「飛ぶ、までは──?」
 尋ねた柢王に、桂花は頷き、
「でも最初は…李々に恩返しもしたかったし、他にしたいこともないから飛んだ、ようなものでしたけれどね」
「ああ、前に恩返すためにパイロットになったようなもんだって言ってたもんな。でも、好きなんだろ、飛ぶのは。
おまえのフライト、ただやってきた奴の飛び方じゃねぇもん」
 伺うようにそう尋ねると、桂花は静かに頷いて、
「好きですよ。コクピットにいると自分がいるべきところにいると思える。あそこにはいてもいいと思える」
「コクピット以外、居場所がなかったってことか、それ」
 柢王は眉をひそめたが、桂花は穏やかに、
「そこまで突き詰めて考えたことはなかったですけれどね。李々の家での生活は、よくしてもらったし、大事にもして
もらったし、感謝もしてる。ただ、自分がいるべきところとは……たぶん、思えていなかったんでしょうね」
「重みがないとどっか行きたくなる……前におまえ言ってたよな。飛ぶことは自分を繋ぎとめる重さだって。それって
そういうことか」
「さあ、そんな風には……。時々どこかに行きたい気もしたけど、それも特定どこかじゃないし、切望していたわけでも
ないし。ただ、もし飛ばなかったら──退屈に耐えられなかったと思います。ありきたりに暮らすことに、たぶん、
耐えられなかった。パイロットにはないことですからね、それは」
 他人事のように言う桂花の横顔を、柢王は見つめた。
 胸のなかに、薄い氷の花を抱くように──。誰にも心に触れさせない、誰の腕も求めない。その突き放した完全さのままで、
いようと思えばきっといつまでもいられただろうに。
「どうしました、柢王?」
 ふいに、抱きしめた柢王に、桂花が尋ねる。柢王はその潮の匂いのする髪に顔を埋めてささやいた。
「ありがとな、俺のこと受け入れてくれて」
 生き方を変えるのは楽なことではない。
 礼儀正しい他人行儀。断崖に咲く花のようだったこのパイロットは、かわし続ける気ならきっといまでも、自分を
迷路の入り口さえわからない場所に立たせておくことができただろうに。
 受け入れて、初めての笑顔を見せてくれた。たぶん誰にも言わないことを教えてくれた。そしていまここにいてくれる。
腕の中に。
「ありがとな、俺とつきあってくれて」
 ささやく言葉と共に抱きしめる腕に力を込めると、紫色の瞳が一度見開かれ、そして、優しい苦笑いで桂花が答える。
「可愛いこと、言わないで下さい」

     


No.82 (2007/02/08 15:40) title:Colors 2nd.  Moonstruck
Name:しおみ (l198059.ppp.asahi-net.or.jp)

『天災は忘れた頃にやって来る──(寺田寅彦)』

 薔薇色だった空がオレンジ混じりの濃い紫に包まれる時刻。
 中庭にぽっこりとした証明が点り、プールサイドのレストランにざわめきが宿る。満天の星空の下のそのレストランの
席で、ティアとアシュレイは柢王たちが戻るのを待っていた。
 緑豊かなホテルは、桟橋を渡って突き出した小島のような敷地全てを使った高級リゾート。花咲き群れる中庭をクロスする
回廊で白い翼を広げたような客室の棟にたどり着く。部屋の広さは異なってもどこからでも海に行ける。水着のまま気楽に
寄れるレストランや乗馬コースやマリンスポーツの施設の他にも民族的な小博物館もすぐ側にあって、ホテルだけでも
十分に楽しめる造りだ。
 旅行部門の兼ね合いもあって、ティアが視察がてらに選んだホテルだ。ハネムーナーなら絶対喜ぶ天蓋つき花びらを
散らしたベッドのスィートもある。もっとも天界航空のハネムーナーたちはティアが電話した時には街から戻る途中だった。
ずっと遊んでいたらしい。
(意外だったなぁ。柢王絶対桂花のこと押し倒してると思ってたのに)
 禁欲生活強いられているくせに、電話の声は楽しげで、それが恋に落ちた人の姿かと思う。それに比べていくらか
わかりにくくはあるものの、桂花の薄紙を剥がすようにその内側の優しさや誠実さを現してきた変化も。
 いままで一人で立ってきた人が背中合わせに立つような何がしか。機内で話す二人を見ていてティアはそう感じた。
その『何がしか』がはっきりとわかる『何か』になったら、柢王も愚痴は言わなくなるだろう。
(そのためにもおまえの席を用意したんだから、しっかりやってよね)
 心の中で親友にエールを送ったティアは、もうひとりの大事な親友に目を向けた。
 ホテルに戻ってすぐアシュレイのフライトの話を聞いた。頬を高潮させて話す姿に嬉しさと同時に責任も感じたのは
当然のことかもしれない。パイロットたちは常に客席にはわからせない困難を背負って誇らしげに飛ぶ。
 いいわけなし、結果が全て。その重さはティアには共有できないものだけれど。
(君たちがいるから、私もがんばれるんだからね)
 夢をわかちあうことは、同じキャンバスを彩ることだとティアにはわかる。同じカラーは持てないし、誰かの輝きを
真似することもできないけれど、ともに描くそのキャンバスを広げ、刺激しあい、今までに見たことのないひとつの絵を
作り上げていくのだと。
 アシュレイの桂花へもフライトの話をしたいと言う気持ちも同じことだ。礼も言いたいのだ、ちゃんと。なのに
口には出さず、テーブルの下でつま先だけがそわそわしているのがとんでもなく可愛いっ。
(もー君ったら意地っ張りの癖してそういう一途なことが君なんだからーっっ)
 奥歯かみ締め、頬染める天界オーナーは友達だけにどこの機長と同類。盲目ではないが、極めて近視的。
 と、
「わりぃ、待たせたなっ」
「すみません、遅くなって」
 柢王と桂花が連れ立ってやって来た。
「なに、どうしたの、柢王そんなに日焼けして」
 驚いて尋ねたティアに、
「いや、街がすげー面白いのな。屋台とかあってさ。ぶらついて、海出て水上飛行機で島渡ってさぁ……」
 答える柢王の横に腰を下ろした桂花が、アシュレイの顔を見て尋ねた。
「どうでした?」
 水を向けられたアシュレイは嬉しそうに瞳を輝かせて答えた。
「ああ、おまえが言った通りだった。街が近くてすげぇ迫力あったしどきどきした。あんなの初めてだ」
「いい着陸でしたよ。天気がよくてよかったですね」
「ああ、ほんっと楽しいフライトだった。監査も受かったし。おまえのおかげだ──サンキュ」
「あなたの実力です」
 ティアが柢王に笑顔を向ける。柢王も微笑んで頷く。と、礼が言えてほっとしたらしいアシュレイがふたりの顔に
気づいて頬を赤くした。
「なんだよ、おまえらっ。さっさと注文するぞっ」
 メニューを取り上げるのに、柢王も笑って、
「そーそー、腹減ったし、乾杯して、たらふく食おうぜ。アシュレイの奢りでな」
「な、なんでおまえのまでっ。俺はこいつに世話になったからその礼には喜んで奢るけど、おまえただの旅行じゃないか!」
 叫んだアシュレイに柢王も眉を上げ、
「おまえな、俺がどんだけあれこれ我慢したと思ってんだ? 桂花がおまえのために時間費やしてっから俺なんかメールの
返事だって貰えなかったんだぞ?」
「そんなことは俺が知るかっ。大体、大の男がメールなんかでやり取りしてるなんて情けないぞ、柢王っ」
「おまえだってティアとしてんだろーがよっ!」
「俺とティアはたた゜親友としてだなあっ」
「あーもーいーから二人ともっ! 桂花、好きに注文しちゃって」
 放っておいたら遠慮なしバトルになりそうなふたりにティアが叫んで、桂花に頼む。桂花は冷静に、
「はい、オーナー」
 メニューを取り上げかけた。と、ふいにその瞳がはっと見開かれる。虚を突かれたようなその表情に、
「メールだって電話だってこいつバカみたいにしてんじゃねーかっ」
「こいつがバカなのは俺のせいじゃないだろっ!」
 言い争っていたふたりも、私のことっ、と憤慨しかけたティアも桂花の方を見た。
「どうした、桂花」
 尋ねた柢王に、桂花がはっと瞳を動かした。
「桂花、どうしたの」
「なんか珍しいモンでもいたのか」
 首をかしげたティアとアシュレイに、ああと呟く。その頬に苦笑いが浮かんだ。
「すみません、いま幻を見た気がしたので」
「幻?」
「ええ、すぐに消えましたから見間違いでしょう。それで、皆さん、何を召し上がられるんですか」
 落ち着き払ったいつもの顔になって尋ねた桂花に、一同は怪訝な顔はしたものの、
「俺、フカヒレな、アシュレイ」
「だからおまえには奢らねーって」
「わかったよ、経費で出すから決めようよっ」
 それぞれがオーダーを決め始める。

「あなた、ものすごく眠いんでしょう」
 回廊を手を引かれて歩きながら桂花が尋ねた。濃い花の匂いが潮風に乗ってただよっている。
 夕食の間はアシュレイのフライトの話やティアの王宮での歓待、柢王と桂花の見てきて街の様子など、話は盛り上がり
楽しい時間が過ぎた。が、さすがに柢王は眠くなったらしい。かくんとテーブルに突っ伏しそうになったのを見て、お開きに
なった。
 ティアは更にアシュレイのフライト談義を聞くようだ。二人してラウンジに去って行った。
 会社の用意した部屋でなく、自分のスィートに桂花を導く柢王は笑って、
「すげぇ眠い。昼間遊びすぎたからよけいな。でもアシュレイの監査も受かったし、ティアの仕事も順調そうだし、
街も面白かったし、いい一日だったから盛大に盛り上がって終了するべきだろ、おまえとふたりで」
「そんなに眠くて、ですか」
 桂花が苦笑いする。柢王は笑って、
「フライト中に寝たこたないから心配すんなって。それにおまえだってよく眠れるから。保証する」
「本当に大丈夫ですか」
 はかるように、聞かれて柢王も足を止める。月光にきらめく紫の瞳を見つめ、
「無理すんなって言ってくれる気なら頼むから拒むなよ。拒まれたらぜってー眠れないから。それに朝起きる寝方だったら、
絶対リカバーできるから、信用しろよ」
 落ち着いた、優しい声でそう言った後、柢王はふと口調を変えた。
「つか、俺のことより自分のこと心配しろよ?起きらんねぇのおまえだぜ?」
 挑むように笑ってみれば、苦笑い見せていた美人の瞳が真っ向見上げ、
「それは、どうかと?」
 ダイナマイト級の笑みに心臓破裂の柢王は、四の五の言わずにショート・カットで部屋へ直行だ。

                      *

 山凍に明日の予定を確認に行くティアと別れて、アシュレイは部屋と向かっていた。
 アルコールの酔いとわくわくしたフライトの名残か気分が高揚して雲の上を行くようだ。桂花にも礼ができたし、ティアも
喜んでくれたし、柢王も褒めてくれたし、アシュレイとしては最高の夜だ。
 あとは帰りも無事にしめくくるだけ。自分へのご褒美として明日は市内を見に行こうかな。そんなことを考えながら
歩いていると、ふと、前方にあやしい人影を発見した。
(なんだ、あれ)
 客室に向かう中庭の回廊あたりに、男がうろうろしていた。長い金髪、目深にかぶった黒い帽子。こんな時刻に
真っ黒なサングラス。しかも、回廊の柱に擦り寄るようにして身を隠し、辺りをきょろきょろ伺っている。
(酔っ払い? 夢遊病? ジャンキー?)
 もしもしどうしましたと声をかけるべきか、もしもし警察ですかと電話すべきか。呼ぶなら救急車かパトカーどちら
だろう。頭でピカつくオレンジライトに、そっと男の背後に近づいた。
 と、気配でか、男が振り向いた。
 お互いに、びっくりして立ち尽くすこと三秒。アシュレイの見張った瞳に映る豪華絢爛刺繍入り赤シャツに黒パンツ、
持っているのは紫の上着!
 と、いきなり男がダッと走って逃げた。思わずビクっとしたアシュレイは、そのブーゲンビリアの残像かという後姿を
あぜんと見送るしかない。
「な、なんだ、あれ……色盲か?」
 夜風に乗ってただよう残り香まで、ねっとりと暑苦しい──

「眠れねぇ?」
 かすかに身を起こす気配に、柢王が眠たげな瞳を上げる。
「起こしましたか」
 桂花が静かな声で尋ねる。柢王は枕に頭をつけたまま、
「なんか、おまえが起きた気がしたから。つか目覚められるとちょっとショック。絶対目が覚めないようにがんばった
つもりだったのに」
 かすれた声を出す。桂花はそれに落ち着いた声で、
「目が覚めるのはいつもですよ。それに潮の音もするし。あなたこそ、ちゃんと寝たらどうです?ふざけてないで」
 差し込む月光に淡い金を刷いたようなシーツの中、腰にかかる柢王の手を外そうとする。
「眠れないならいくらでもつきあうって意思表示だろ……」
「これ以上つきあうことはありませんよ。目が覚めなくなるから。さあ、目を閉じて」
「おまえ…さっきどっか行こうとしたろ? 俺が目開ける前」
 柢王の腕が桂花の腰をしっかりと囲う。どこにも行かせないように。見上げる瞳はいまにも眠りに引き込まれそうなのに、
聞き出す意思だけ機能している、
「なあ…気になることとかあるなら、何でも言えよ。大したことじゃなくても……俺は知りたいから、おまえのことなら
どんなことでも」
 桂花がそれに苦笑いする。意識が後ろに引き込まれそうな眠りの中で目を開けていようとする柢王の瞳を覗き込む
ようにして、
「水がほしかっただけですよ。暑かったから。いいからもう眠って」
「うそ、つけ。おまえ、いまだって体温……低い、のに」
 不服そうに呟いた柢王は、だが、桂花が頭を落ち着けると安心したように目を閉じた。すぐに規則的な寝息が
聞こえる。その肩に頬をのせた桂花は、しばらく、金色の闇が踊る室内を眺めていたが……。
「おまえのことならどんなことでも知りたい…か」
 その面にふしぎな表情が浮かぶ。
 そして、かれはそのまま瞳を閉じた──


No.81 (2007/02/06 15:26) title:禁句
Name:しおみ (l198059.ppp.asahi-net.or.jp)


 さらさらと水の流れる音が聞こえる昏く冷たい地下の闇。
 死者たちが偽りの生を与えられる黒く謎めく湖の水。
 冥界は、肌をしとらす霧の中、今日も美貌の主の見えざる手に支配されている。
 暗闇に浮かぶその滴るような容貌、黄金の髪。無慈悲を刷いた金黒色の瞳は支配者の愉悦をたたえて崇める者たちを
睥睨している。
 幾度殺されようとも蘇る冷たい生を与えられた者たちは、その美貌の主の命を受け、地上に現れ、様々な、
絵物語の一端を彩る。そのタペストリーの全貌は被支配者にはわからない。おのれが織り成すパーツの図柄さえ、
かれらは知らない。全ての絵柄は昏い企みに酔いしれる美貌の主の胸のうち。
 その企みを口にしようとしたならば、すぐさまおのれが灰と化して消滅することを被支配者たちは知っている。
『全ての声は、地下にある限りわれに届く』
 暗闇に妖しく佇む美貌の主の言葉通り、死者たちの命運は常に主のもの。生ではない生、偽りの命。だが命に
執着する者には、夢だろうが真だろうが生きていることには変わりがない。それゆえに死者たちは主の逆鱗に
触れぬよう、常に恐れ、注意を払っている。
 だが、ふいに、なにゆえと思われる時でも死者たちの偽りの肉体が一瞬にして灰と化す時がある。
 それは、
『おい、今日の肉はうまかったな、あれはどこの肉だ』
『ああ、鹿のヒレ肉……』
 シュボッ。
『なんとそのような非礼なことがっ』
 シュボッ。
『この鍋はどこに置いたらよいのか』
『ああ、炉辺に──』
 シュボッ。
 居合わせた人間たちが驚くのも当然だが、死者たちはもっと驚く。いまのはなにゆえにっ。見えざる支配者の
冷たい怒りの理由が知れぬかれらは恐れおののき、口を慎む。それでもときたま、
『ウサギは耳をつかんで捕獲──』
『カタツムリの触覚は伸縮自在だなぁ』
 など日常会話の中で消されていく仲間の姿に戦慄する。そこには一体どのような秘密があるのだろーかっ?

 秘密ではない。『耳に関する78項目の禁言』のうち、『ヒレ』と『ロバ』とが冥界の二大禁句であるのは、
知る人なら皆知っている。ただ口に出したら塵になるから他の者に伝えようがないだけだ。『ウサギ』や『ミミズク』も
同様にデンジャラス。『伸縮自在』も時に際どい。
 ましてや『頭隠して耳隠さず』とか『王様の耳はロバの耳ぃ〜』など、ナノ単位のチリと化す大罪である。

 水の流れる昏い地下。
 そこでは今日も、主の地獄耳にまつわる禁句を口走った者たちが、名簿から消されてゆくのであった──


No.80 (2007/01/31 22:05) title:二分小説 〜紅激白辛〜
Name:花稀藍生 (p1027-dng36awa.osaka.ocn.ne.jp)


 ゴリゴリゴリゴリ・・・
 床に膝をついて薬研(やげん)でさまざまな植物を干したものをゴリゴリと一心にすりつぶしてい
る桂花の背中に、柢王はおそるおそる問いかけた。
「・・・も・猛毒でも作ってんのか?桂花」
 呼びかけられた桂花は「何を馬鹿なことを言っているんですか」とでも言いたげな視線でちらりと
振り向いて柢王を見、さっさと作業に戻った。柢王は冷や汗をかきながらゆっくりと桂花の横に回り
込む。
(こ・怖えぇ〜〜・・・)
 ・・・何というか、目が怖い。というか背中に殺気が漂っている。 場所が場所でなければ、ついに自
分の女遊びに耐えかねた桂花が猛毒を作っている現場に鉢合わせた・・・としか考えられなかったかも
しれない。
 ―――そう、場所が天主塔の大厨房でなければ。
 薬研ですりつぶしたモノを桂花はスプーンですくい上げ、横に置いた紙の上に落とす。20センチ
四方の小さな紙の上には、今まですりつぶしたスパイスが小さな山となって積まれていた。
「そんなちょっとの量で大丈夫なのか?」
「量が多ければいいというものではありません」
 柢王の問いかけに振り向きもせずに桂花は返す。右手を伸ばして持ち込んだ袋の中から干した植物
を2.3個つかみ取り、薬研に放り込んですりつぶし続ける。
「おい・・・さっきの・・・・」
 薬研に放り込んだそれが、蛍光グリーンと紫と蛍光ピンクのまだら模様をしたイボイボの突起を持
つ実であったのを見て、柢王が慌てる。どう見ても魔界植物だ。
「毒性はありません」
 何の感情も込めずに言い放つ桂花に、柢王は冷や汗をかきながらゆっくりと後ずさった。

 ・・・そして、桂花が薬研を扱っているその反対側の調理台の前で、火にかけられた大鍋の中身をかき
混ぜるアシュレイの姿があった。
「・・・・・・アシュレイ・・」
 彼から少し離れたところからアシュレイを見つめるティアの瞳に涙が浮かんでいるのは、額に汗し
て料理を作る恋人の横顔に感動しているからだけではない。
 アシュレイの周りには何やら赤い靄のようなモノが立ちこめている。そしてそれは、まちがいなく
彼がかき回す鍋から発生しているのだった。
 大厨房は天主塔始まって以来2度目の避難勧告。最後に出た料理長は厨房を振り返って目尻に涙を
浮かべながら悄然と去っていった。
 大厨房にいるのは、アシュレイ、桂花、ティア、柢王(五十音順)の四人のみ。
 そしておそろしく広い厨房に立ちこめるのは、強烈激烈苛烈にスパイシーな匂い。
 ・・いや、もはや匂いという次元ではなく すでに目に来ている。だからティアは泣いているのだっ
た。そして、露出している肌がピリピリしている。
 ティアはハンカチで目元を押さえながらゆっくりと後ずさった。

 ・・・事の発端は霊界から遣わされた天主塔の監査人に対し、意趣返しとしてアシュレイが手を加えた
激辛料理についてだった。 愛妻料理を味わえたティアはご満悦だったが、その後の処理に追われま
くった桂花はいい迷惑だった。
 その話をたまたまティアが二人のいる前で蒸し返してしまったのだ。ティアがまたアシュレイの手
料理を食べたいと言った時に、桂花が体調を崩されてはたまらないと止めたのがアシュレイの癇に障
ったらしい。 その後はおなじみの罵詈雑言の嵐、そして、
「てめえは 根性が曲がるほど苦い薬しかつくれねえだろうがっ!」
 と、アシュレイが言い放ったこの言葉が桂花の逆鱗に触れた。あとは売り言葉に買い言葉、最終的
には守護主天を巻き込んで激辛料理対決を行うことになってしまったのだった。

 そうして彼らは大厨房の端と端の調理台に陣取って激辛料理対決をしている。
 ・・・といっても、公平を期すために料理長が自らダシをとったブイヨンスープに季節の野菜の角切り
を加えて煮込んだものをつかうから、彼らはそれにスパイスを加えて調味すればよいだけだ。
 ―――よいだけなのだが。
(うわああああああぁぁぁぁぁ・・・・・)
 内心で悲鳴を上げるティアが見守るその目の前で、アシュレイは実に無造作に真っ赤な粉末が入っ
た袋(業務用1kg)を逆さにしてその中身を全部大鍋の中にあけた。
(・・・アレ入れるのって、確かコレで3回目・・・)
 ・・・3kg+α(王家秘伝のスパイスだそうだ)ものスパイスを投入され、もはや煮えたぎるマグマ
の様相を呈した大鍋の中身は、新たに加えられた粉末をゆっくりと飲み込み、赤い蒸気を噴きあげた。
「おい! トロいやつだな! まだかよ!」
 鍋のふちをお玉でガンガン鳴らしてアシュレイが桂花に怒鳴る。
 すりつぶしたスパイスの山が盛り上がる紙を慎重に持ち上げながら桂花がうるさそうに言った。
「こちらもコレを入れれば終わりです」
 ・・・ここでようやく桂花が自ら調合した調味料を小鍋の中に投入した。
 投入したその際に、ジュゥーッ!という音を立てて、煤煙とも噴煙ともつかない真っ黒な蒸気が小
鍋から噴き上がったのを、ティアと柢王はしっかりと見た。
 鍋の中身はあっという間に黒緑色に変じ、周囲に強烈激烈苛烈にスパイシーな匂いをまき散らし始
めたのだった。
 ・・・・・厨房内の空気は赤とも緑とも灰色とも言えない摩訶不思議な色になった。壁際に伏せてある竹
製の蒸籠は真っ黒に変じ、野菜はしおしおとしなび、卵は真っ赤に染まって表面が溶けかけている。

 もはやここまで来ると激辛料理も猛毒と大差ない。

 ・・・ゆっくりと後ずさり続けていたティアと柢王の背中が当たった。二人は顔を見合わせた。
「・・・どうしよう。確実に死人が出ちゃうよ、コレ」
 涙目のティアが言うのに、冷や汗をかき続けている柢王が言った。
「・・・いや、死人云々以前に、・・・誰が喰って、誰が判定すんだ?」

 ティアと柢王は青ざめた顔で視線を交わした。 そしてゆっくりと2.3歩後退すると、回れ右し
て入り口に向かって猛ダッシュをかけたのだった・・・


No.79 (2007/01/30 15:50) title:Colors 2nd. In the Wind
Name:しおみ (170.115.99.219.ap.yournet.ne.jp)

『起こり得る可能性のあることは全て起こり得る──(マーフィー)』

『ヘブンリー707、CGAで着陸を誘導します、ファイナル・コントローラーと交信して下さい』
 管制官の指示に、アシュレイの背中は寒くなる。理想的な着陸を誘導するILS無線はやはり使えないらしい。
 しかも、周波数にあわせて交信した管制誘導官はこともなげに、
『アプローチング・ストレート。迂回せず進路120度、高度2500で水平飛行してください』
 ツララが入った気分のアシュレイの隣で、監査官がにやにやした。
 ILSと呼ばれる二大無線は、コクピットのモニター上に機体バランスや進入角度を映すシステムを含んでいる。パイロッ
トは自分の状態を画像で見られるので修正がしやすく、着陸がスムーズに行きやすい。
 それが使えない時は、画像の役割を地上でレーダーを見ている管制官が声で果たしてくれる。その差はまさにテレビとラ
ジオ、情報の伝達量が桁違いに少ない。それだけにパイロットの視界と感覚が頼りになるのだが・・・・・・。
 もともと、この空港が困難な理由は、市街地の中に空港があるといってもいいぼと街が近いことなのだ。ちょっと間違え
ば大惨事につながりかねない。
 なのに、管制は上空からまっすぐ滑走路へ向かうショートカットを許可してくれた! 経費と時間削減の親切だが、
初着陸の監査の新米機長はすぐさまビルを目指すそのラインを喜ばない。
 が、やるしかないアシュレイはせいいっぱい冷静を保って、監査官にオーダーした。
「セットCDU、インターセプト、ランウェイ12ファイナルコース」
「ラジャー、セットCDU。スタンバイ・フォー・エクスキュート」
「エクスキュート」
 アシュレイもセットされた画面を確認、頷いた。
 高度を下げていくと雲のなかにあざやかな海が見えてくる。浮かんでいる宝石のようなエメラルドの島。客だったらす
てきな眺めだ。
『ビギニング・ディセント』
 下降開始の声に従い、機体がどんどん降りていく。視界がどんどん開けていく。緑の島の先端に金色の尖塔のようなものが
混じる高い建物の群れが見えてくる。小高い丘の斜面に白い平屋がいくつも見える。油断なく全てを見ながら指示を聞く。
『オン・コース、オン・グライドパス』
 コースも進入角度もよし。管制の声に続いて江青が1000フィートのコールをする。自動操縦から手動に切り替え
る。視界は良好、良好すぎる。街の姿が見えてくる。管制の微調整に合わせて機体を左右に繰りながら降りていく。
「アプローチング・ミニマム!」
 目の下に、飛び込んでくる。くすんだベージュのビルが竹林のように立ち並んでいる街。古びたレンガの寺院。丸く尖った
帽子のような尖塔。色とりどりの看板。道路を走る車の列。こんなに見えたことはいままでない。
「ミニマム!」
「ランディング!」
 声がかすれた。風にはためく屋上の国旗。鐘楼の鐘がすぐそこに見える。テラスにいる人の顔さえ見えそうな上を、ジェッ
ト機の腹が拭っていくのだ、冗談抜きで近すぎるっ!
(触れるなよーーーっ)
 そんなわけはないのにうなぎ昇りの心拍数とは裏腹に、手足の感覚に集中してホィールをぐうっと水平に引く。
陽光に黒く煙る滑走路が目の前。向い風、出力なしで滑り込む。
『3、2、1──』
 ドンッ、車輪が滑走路に着いた。
(よ、よかったぁぁ・・・・・・)
 ガタガタ走るランウェイで、思わず、心でつぶやいた。
 こんなにどきどきしたフライトは、久しぶりかもしれなかった。

「やるね、今日の機長は」
「うん、ぶれてなかったし、いい着陸だったよ」
 機長たちが口々に誉める様子に、ティアは嬉しさを噛みしめた。
 着陸前に機長たちに勧められ窓辺の席に移ったのだが、実際、海が見えたと見るや、小高い丘、目のすぐ下に街が飛び込ん
でくるような眺めにびっくりした。柢王も驚いたようで、後ろの席からすげぇとつぶやいていたのが聞こえた。
「今日は特に近かったんですよ。ふだんはもう少し南側からアプローチしますから。いい着陸でしたね」
 説明してくれる桂花は当然ながら驚いた様子はない。ただよくできたのは事実らしい、誰もが誉める。ティアは単純に嬉
しかったが、ラックから桂花と自分の上着を取り出した柢王は肩をすくめ、
「こんなとこ頻繁菜飛んでたらうまくもなるって。俺もうかうかしてらんねーよ、早く入れてもらわねーと」
 あくまで機長、あくまで負けず嫌いな幼馴染にティアの笑顔は満開になった。

 まばゆい光差すロビーはこじんまりしているがどこからともなく潮風の吹くリゾートの様相。サンドレスの女性たちが、
ご一行さまの首にレイならぬ細石のような首飾りをかけてくれた。
「すげぇ、これ水晶だよな」
 きらきら輝く石を日に透かして尋ねた柢王に、
「この島は水晶の産地でもあるんだぞ、規模は小さいが。サンゴ礁も美しいし、リゾートにはもってこいだ」
 答えたのは、こんなリゾートなのにネクタイつけたスーツ姿の山凍部長。堅苦しいのか暑苦しいのかにわかに判断に苦しむのはそ
の開放的でない顔のせいだろうか。だが、かれは仕事なのだ。ティアが側に来て、ホテルの場所がわかるかと尋ねた。桂花が、は
いと答えるとティアは頷いて、
「私たちはこれから王宮に伺うけど、夕方にはホテルに入るから。着いたらまた連絡するから、それまでゆっくり楽しんでね」
「君たちには本当に頑張ってもらったからな。ゆっくり骨休めしてくれ。柢王、おまえは羽目を外すなよ」
 笑顔のティアと共に去って行く部長は、その背中に、差別待遇された機長が舌を出したのはご存じなかった。
「一度ホテルに入って休みますか」
 尋ねた桂花に、柢王はうーんと唸った。
 眠いのは確かだ。ふだん、柢王は夜間の後は、一気に五時間ぐらい仮眠してから動くのだ。桂花も知っているから聞いてくれ
たのだろう。が、桂花がいるのに先に仮眠などするわけがないとわかる柢王は、あげく爆睡、目が醒めない予感がする。
 別に、桂花が一緒に爆睡してくれるなら構わないが、寝不足でもないのに半端に寝たらペースが乱れるから絶対に起きて
動くに決まっている。すれ違うのはふだんだけで充分だ。
 実際、フライト前夜には絶対に会ってくれないし、飛ぶ可能性がある時には会っても指も触れさせてくれない恋人を持っ
たのは初めてだ。桂花自身のフライトだけでなく、柢王がフライト前でも同様だ。絶対に無理はさせてくれない。なにがあっ
ても飛ぶこと優先──そういう面ではとことんシビア、絶対に妥協してくれない。
 が、それは柢王にも納得はできる。同じ立場にいる相手だから、言わなくても通じることもたくさんある。フライトの遅着
で約束が流れても不可抗力だとわかっているからそれで終り、後に引かない。パイロットはある意味割り切りの早い人種だ
から、無理なことにこだわるより可能なことを見つけるのがうまい。
 それに、つきあってくれる時の桂花は、全然負けてない感じがこの上なく刺激的な恋人だ。あまりに嬉しくてつい度を越
すので、結果、フライト前には遠ざけられるのは自業自得だろう。柢王もわかっている。
 限られた時間で会って、触れて、話をしたり、観察したり。新しいことがわかる度にどきどきする。そんな相手は今まで
にない。一目惚れではあったけれど、実際つきあいだしてからの方が桂花に惹かれていると実感できる。
 だからもっといろんなことを知って、話して、できれば一緒に暮らして私生活でも同じものを共有したい──そしてメールは返してもらいたい!
 そのためにもいまは寝ている場合じゃない。
「観光──夕方まで観光して、ホテルに入って、飯」
 刺激的な緊迫戦はその後で盛大にやろう。自分に言い聞かせるようにそういうと、
「大丈夫ですか、柢王」
 紫色の瞳が伺うように光る。フライトの時なら、桂花がそんなことを聞くことはない。柢王は笑って、
「へーきへーき。どうしても眠かったらホテル入るけど、ちょっと歩こうぜ」
 何事にも聡い恋人の瞳を覗き込む。と、
「無理はしないで下さい」
 言ってくれるまなざしが優しくて、思わず前言撤回したくなった。

 そんなオプション機長の葛藤をご存知ない皆さんは、別行動を快諾してくれたばかりか、スーツケースだけ先にホテルに運
んであげるよとまで言って下さった。さすがにサービス業だ。
 明後日の昼ぐらいに皆で一度ご飯でも食べようかと、さらり約束しあってタクシー乗り場で解散。
 見送り終わって、街へ出て行く柢王たちの背後で、
「間違いない、あんなの他にいないからなぁ。でも、何でこんな島にいるんだろうな。バカンスか?」
「今日の便にはいらっしゃらなかったですよね。いたらCAが何か言ってくるし。他社ですかね」
「あー、なんか悪目立ちするから自社機に乗るなって奥さんに言われてるらしいよ。でもあれで他社に乗られたら恥ずかし
くて、他社のクルーと顔合わせられないよなぁ。せめてホテルは一緒じゃない事祈ろうぜ」
 玄関から出てきた黒っぽい制服姿のパイロットたちが、何事か心配顔でタクシーに乗り込んでいく。

 海の匂いと、埃っぽい街の匂い。けばけばしいほどカラフルな看板や店舗がビルのテナントに入っている。込み合って窮屈
そうなビルの街。なのにちょっと視線を反らせば、古いレンガの寺院らしい建物が厳かに建っていたり、くすんだ金色の
尖塔が覗いていたり。つややかな緑に目が醒めるような黄色やピンクの花を豊かに咲かせた木々が揺れて、人々も鮮やか
な民族衣装に見を包んだり、スーツだったりまちまちで、飛ばして過ぎるポンコツ車の間を器用に縫って道を渡る。
「おもしれー」
 柢王が眠気と欲求を忘れて瞳を輝かせる。日差しの強さの割に湿度はあまり感じないのは潮風のせいか。桂花はサングラスを
かけているが、柢王にはこの開放的なまばゆさはむしろ歓迎だ。
「よし、そんじゃぐるって見てまわろうぜ」
 ご機嫌な笑顔を見せて、桂花の手を取った。

「技術面では心配ありません。有視界飛行も初めてにしては正確で安定していました。あとはアプローチの際の指示に
若干ためらいがありましたが、すぐに慣れるでしょう。合格です」
「ありがとうございますっ!」
 アシュレイは心から礼を言うと大きくため息をついた。江青が笑ってその肩を叩く。
「いや、実際よくできましたよ。初めての空港でいきなりショート・カットを命じられたらベテランの機長でも迷うものです。
でも、あなたは実に落ち着いてできた。訓練した甲斐がありましたね。今後も楽しみです」
 監査書類に結果を記入する機長の隣、自分もフライト日誌に署名しながら、アシュレイは安堵のため息をついた。
これで飛べる。
(あいつのおかげだよな──)
 自分の判断で機体を運ぶ有視界飛行の重さと快感。パイロットになってよかった。パイロットとしての視野がまた開けた
フライトだった。

「これでアシュレイもこの路線の人ですね」
 王宮に向かうリムジンのなか、ティアは嬉しそうに山凍部長に告げた。長年、ティアの側にいる山凍もアシュレイたちの
ことはよく知っている。嬉しそうに、
「ここは難しい路線だと聞いていますが、これから活躍してくれそうですね」
「王室の方も良くして下さっているし、大事に育てて行きたい路線ですね」
 窓の外は美しい木々が揺れる海岸線が続いている。込み合った街を過ぎるとすぐに透き通ったブルーに真っ白な砂浜の
続く海に出られる。そのギャップがまた将来滞在型になるだろうこのリゾートの魅力だ。
「うちがここへ入ることで、ご親切にお応えできる結果になれるといいんだけど」
 その風景を見ながらつぶやいたティアに、
「いい結果にできますよ、うちのスタッフたちなら」
「本当だよね」
 微笑みあうオーナーと広報部長を乗せたリムジンは、やがて小高い丘の上に建つ、白亜の大理石ときらきら輝く水晶
の王宮へと到着したのであった。


[←No.74〜78] [No.79〜83] [No.84〜88→]

小説削除:No.  管理パスワード:

Powered by T-Note Ver.3.21