[戻る]

投稿(妄想)小説の部屋 Vol.3

ここは、みなさんからの投稿小説を紹介するページです。
以前の投稿(妄想)小説のログはこちらから。
感想は、投稿小説ページ専用の掲示板へお願いします。

名前:

小説タイトル:

小説:

  名前をブラウザに記憶させる
※ 名前と小説は必須です。文章は全角5000文字まで。適度に改行をいれながら投稿してください。HTMLタグは使えません。


総小説数:1004件  [新規書込]
[全小説] [最新5小説] No.〜No.

[←No.69〜73] [No.74〜74] [No.75〜79→]

No.74 (2007/01/22 06:33)
Name:桜草 (softbank219186026019.bbtec.net)

夕陽が差し込みはじめた部屋の中にほのかに漂う甘い香り。
それがオレの好きな貴方の香り。

その香りが、ふわりとオレの身体を包むと同時に温もりが背に伝わる。

「ごめん、忍。起こしてしまったね」

微かに身動ぎしたオレの耳元に一樹さんの声が滑り込んだ。

ひと時の戯れのあと、気だるい心地よさの中に響く甘い吐息のような貴方の声。
でも、もう時間が…とでもいうように背に伝わる温もりがゆっくりと遠ざかる。

もう少し。
もう少しだけこうしていたい。

身体に回されていた片腕を拘束する。
その腕を掴むオレの指はほんの少しだけ震えていて、慌てた貴方がオレの顔を覗き込んだ。

「ごめん…なさい」

きょうはいつになくナーバスなオレ。

「絶対…」

それだけ言うのが精一杯で、あとの声は嗚咽になる。
でも。
貴方は続けてくれた。

「離さないよ、忍」

一樹さんの温もりがオレの胸元に戻ってくる。
そして。
貴方の唇がオレの唇に落とされる。

愛しくて
愛しくて
その想いが強くなればなるほど、同じように不安も強くなる。

公にできない
同性同士の恋愛。


[←No.69〜73] [No.74〜74] [No.75〜79→]

小説削除:No.  管理パスワード:

Powered by T-Note Ver.3.21