[戻る]

投稿(妄想)小説の部屋 Vol.3

ここは、みなさんからの投稿小説を紹介するページです。
以前の投稿(妄想)小説のログはこちらから。
感想は、投稿小説ページ専用の掲示板へお願いします。

名前:

小説タイトル:

小説:

  名前をブラウザに記憶させる
※ 名前と小説は必須です。文章は全角5000文字まで。適度に改行をいれながら投稿してください。HTMLタグは使えません。


総小説数:1004件  [新規書込]
[全小説] [最新5小説] No.〜No.

[←No.37〜41] [No.42〜43] [No.44〜48→]

No.43 (2006/11/17 14:02) title:店主等物語3 〜レッツ バスタイム!〜 (後)
Name:モリヤマ (i220-221-230-83.s02.a018.ap.plala.or.jp)

 
 
「で?」
「で、って言われても…」
 アシュレイは、自店はもちろん、商店街と自治会両方の会長までを若くして務める幼馴染の気苦労を思い、毎日とはいかないが仕事の合間を縫ってたびたび『天主塔ベッド』に顔を出す。と言っても、アシュレイの父、つまり鮮魚店『阿修羅』の店主である炎帝も現在商店街壮年部ツアー参加中のため、そう長居はできない。
 たいてい隣の『ペットショップ・自由人』のレースガフト・パフレヴィーに店番を頼んで出てくる。少しくらい遅くなっても文句を言う奴じゃないのは分かっているが、それに甘えるわけにはいかない。ふたつの店を見るのはなかなかに神経を使うし、魚はやっぱり自分が直接見てさばいて焼いたものを、お客さんに買ってもらいたいのだ。
 その日も、すぐに戻るからとレースに頼み込み、ティアの顔を見て二言三言言葉を交わし、じゃあな、と帰り際。
 離れ難い思いに何の気なしにティアがもらした、そういえばこの前初めて湯屋に行ったよ、という一言にアシュレイの足が止まった。
 振り向いたアシュレイに、ティアが喜んだのも束の間だった。
「水晶宮貸し切って、おまえはなにしてたんだ」
「なにって…。普通に湯船に浸かったりサウナに入ったりしてただけだよ。皆には申し訳なかったけど、一回だけのことだし」
「一回だけのこと…?」
「アシュレイ? 君ももしかして入りたかった?」
 アシュレイの家には、炎帝ご自慢の五右衛門風呂がある。
 死ぬほど熱くないと風呂ではない、という持論(極論とも言う)から、家族以外は隣のレースくらいしか入る者はないという。
「…裏のじぃちゃんは、足が悪いからそうちょくちょくは湯屋に通えねぇ。週に一回通うのがやっとだ。それでもすげぇ楽しみにして、リハビリにもなるからって言って一生懸命自分の足で歩いて湯屋へ行く。それが、この前行ったときはなんでか臨時休業で入れなかったって…っ。おまえがっ…」
 そこまで言われて、ティアも気づいた。
 自分のために、風呂を追い出された者たちばかりでなく、湯屋の前まで来たにも関わらず風呂に入れず無駄足を踏んだ者もいるのだ。しかも、その無駄足は、一言で済ませられるものではない。ゆっくりと、一歩一歩を懸命に踏みしめて湯屋へとやってきた老人の楽しみを、自分は奪った。
「…アシュレイのとこの裏なら、『水晶宮』よりうちのほうが近いね」
 そうして、ティアはすぐに裏の爺様の家に使い羽をやった。
 もちろんそういったご老人は、なにもアシュレイの家の裏の爺様だけではない。ティアもアシュレイもわかっている。だからこれは特別。一回だけのお詫びの気持ち。
 鮮魚店『阿修羅』の定休日、送り迎えはアシュレイが背負い、湯殿ではティアが背中を流し、使い女に風呂上りのコーヒー牛乳を差し入れられ、爺様は涙を流し、何度も何度もふたりに手を合わせた。

 だが、爺様思いのアシュレイとティアの行動は、ふたりの知らぬところで思わぬ噂の種をまいた。
 噂とは、雨の日のナメクジのようにどこからともなく湧いて出るものらしい。
 なぜかその『爺様が天主塔で風呂をもらった話』が尾ひれつきで商店街界隈に回った。
 
 
 まずご近所では、使い女経由か、商店街で買い物途中の主婦連を中心に、妙にリアルな脚色つきで。
「天主塔ベッドの大浴場で、酒池肉林!?」
「なんでも混浴らしいよ」
「若様自ら、三助になって背中を流してくれるんだって!」
「それっていつでも入れんの!?」
「私が聞いた話じゃ、特別ご招待だとかなんとか…? たぶん、ベッドとか買ったらいいんじゃないかしら」
「枕じゃ駄目かねぇ…」
「ベッドカバーはっ!? 一応『ベッド』って言葉入ってんだけど!」
「九分九厘ダメだと思うよ」
「…ああ、入ってみたいねぇ」
――――はぁぁぁぁ…………。
 尾をひく大きなため息が、しばらくの間あちらこちらから聞かれたと言う。
 
 
 そして『水晶宮』でも。
「混浴!? 三助…って、湯を沸かしたり背中を洗ったりを? 兄様がっ!?」
「なんと…。守天殿が先日見えられたのは湯屋業界進出のための敵情視察だったか…っ! 冥界センターの泥風呂『ブラック・バス』などより、守天殿のセクシー三助のほうがよっぽど手ごわいですぞ、坊ちゃん!」
「せせせくしーーっっ…………」
「鼻血出してる場合ではありませぬぞ! …旦那様はこんなときに限って親父ツアー中だし。…ああ、なにかいい策はないものかッ!」
 そうして、『守天三助絶対反対派』の跡取り息子と『水晶宮第一』の番頭、その他『水晶宮』で働く者達全員で、入浴客奪取のため(実際は奪われてないのだが)案を出し合い、手始めにお年寄り優先の日時を設け、その日は予約さえあれば送迎も行うことにした。
 
「いらっしゃいませ」
「おう坊ちゃん、今日もたのまぁ!」
「ありがとうございます。今日は冷えるから、ゆっくり温まっていって下さいね」
 番台のカルミアも店主代理が板についてきたようだ。
 先日も、たまに湯船にオモチャを持ち込んだり泳いだりする子供がいることに着目したカルミアから、『水晶宮 DE こどもの日』を新たに設け、思いっきり子供達に湯船で遊んで、その中から湯屋の楽しさを見い出だし『水晶宮』を好きになってもらおうという案が出された。
 まだ採用は検討中だが、カルミアのその姿勢がトロイゼンにはなによりも嬉しかった。
 水帝もツアーから戻れば、可愛い息子の成長ぶりに驚き、そして喜ぶだろう。
 男湯の脱衣所の隅から、盛り上がった筋肉をぴくぴくさせ、二つに割れた顎の間を撫でながら、トロイゼンは満足げに笑んだ。
 結局は、湯屋にも客にもよりよい方へと転がった。
 そしてそれはつまり、商店街全体にとっても間違いなくよいことなのだった。
 
 
 
 ちなみに、先日オープンした冥界センターの『ブラック・バス』は、特製の黒い泥風呂で美白効果があり、別料金で全身エステの予約も取っているとか。
 もちろん「髪と地肌」のマッサージの取り扱いについては言うまでもない。
 
 
終。 
 
--------------------------------------------------------------------------------------

(余談ですが。)
 
 
 『天主塔ベッド』では――――。

【噂のプライベート大浴場も見学できます。〜天主塔ベッド〜】

柢王 「おまえんとこのあのチラシ。なんなんだ、いったい」
ティア 「私にもよくわからないんだけど、八紫仙達に今はお風呂場がブームだから、
    うちの湯殿も是非お客様に見学させてほしい、って言われて」
アー 「ブーム〜〜〜!?」
柢王 「ボケたか、八紫仙。(八人一緒に)」
桂花 「突っ込むところは、そこじゃないでしょう……。(噂、ってとこなんじゃ……)」
ティア 「中には記念写真まで撮っていく人もいてね。…ときどき一緒にって頼まれるんだ。(照れ笑い)」
桂花 「でも確かにこちらの大浴場は気持ちがいいですし」
柢王 「おまえ、入ったことあんのかっ!?」
ティア 「桂花には商店街の仕事も手伝ってもらってるからね。お礼に」
桂花 「カイシャン様が広いお風呂が好きなので、一緒に」
柢王 「なんで俺じゃなくてあのガキなんだーーーーーっっ」
アー 「…つか、突っ込むとこは、そこじゃねぇだろ。(様づけ、ってとこなんじゃ……)」

 珍しく(?)、冷静なアシュレイでした。(その分、柢王が熱い)
 
 
 


No.42 (2006/11/17 14:00) title:店主等物語3 〜レッツ バスタイム!〜 (前)
Name:モリヤマ (i220-221-230-83.s02.a018.ap.plala.or.jp)

 商店街には湯屋がある。
 事故で亡くしたカルミアの母を唯一最愛の妻として再婚はせず、一粒種の息子を溺愛する水帝洪瀏王の経営する『水晶宮』がそれだ。
 だが、甘やかすばかりでは将来『水晶宮』の立派な跡取りにはなれない。
 水帝は心を鬼にして番頭トロイゼンに息子の教育を任せ、自身は商店街壮年部の熟年ツアーに出かけることにした。
 カルミアには、『水晶宮』のためしばらく各地温泉旅館の水質・効能・サービス等々のリサーチの旅に出るが、留守の間、番頭トロイゼンにならい『水晶宮』の跡継ぎとしてこの湯屋を守るのだ、と言い置いて。
 
 
「ぼっちゃん、お願いね」
「坊ちゃん、お手伝い偉いねぇ」
「髪も洗うから宜しくー」
「サウナ、使わしてもらうよ〜」
 近所のおじさん、おばさんたちが、一声かけて小銭を置いて中へと入ってく行く。
(洗髪は追加金…………サウナも追加料金………)
 番台の少年は、少々ふてくされた様子でぶつぶつ料金を計算しながら、それらを受け取り銭箱へとしまった。
「坊ちゃん、もっと愛想よく」
 番台は、湯銭の受け取りはもちろん、脱衣所の見張りも兼ねているため、大人でも見上げる高さにしつらえてある。その男湯側の番台横に立った筋骨隆々の堂々たる体躯が、番台に座るカルミアを見下ろしてピシャリと言った。
 およそ「愛想」などという言葉とは縁遠い厳つい顔に、頭髪を短く刈り上げ、頭に布を巻いている。この布は風呂焚きの際、滝のように流れ落ちる汗を食い止めるためにするもので、『水晶宮』に働く者の必需品。
 水帝の信頼も厚い番頭トロイゼンは、水汲み・風呂焚き・風呂掃除は言うに及ばず、薪を割らせたらこの業界で右に出る者はいないと言われるほどの、たたき上げの湯屋人(造語)だった。だが、
(さっきなんか湯船にアヒルとか戦艦とか浮かべて遊ぶ子供とかいるしさっ…)
 トロイゼンの言葉も、過保護に育てられ、まだまだ幼さの残るカルミアにはうるさいだけだ。アシュレイが聞いたら「子供が『子供』とか言うな、クソガキ!」と突っ込まれそうな愚痴を心でこぼしている。
 仕事でしばらく出かけることになった父親の言葉に最初は張り切って店の番台に上ったカルミアだったが、番頭トロイゼンの細かい指摘に加えて厭きも来て、少々うんざりしていた。
「だって」
「だって、ではありません。坊ちゃんも、お風呂はお好きでしょう」
「……」
「ここに来てくださるお客様方も同じ、お風呂が大好きで、『水晶宮』が大好きな方達ばかりです。…お分かりになりますね?」
「…うん」
「だったら、もっと愛想よく。代金の計算はちょっとくらい時間がかかろうとそれで腹を立てて帰ってしまわれる客などおりません」
「………」
「気持ちよくお風呂に入って気持ちよく帰っていただきたいと思いませんか」
「そうですね。さすがはトロイゼン殿」
「これは…守天殿」
 『水晶宮』には外気を防ぐための外扉がある。次に内扉があり、その奥に男湯と女湯、それぞれの入り口が暖簾で明示されている。
 入り口の暖簾をくぐり、二人の前に現れたのは『天主塔ベッド』のうら若き店主、ティアランディアだった。
「兄様っ…ど、どうしたんですかっ?」
 守天を見て、今までのふくれっつらはどこへやらのカルミアが、驚きながらも頬を紅潮させて尋ねる。
 『水晶宮』の常連客には、家に風呂がない者だけでなく、あっても、大きな湯船にたっぷり浸かりたくて訪れる者も多い。
 しかも、壁の白虎を象った湯口から絶え間なく湧き出る『水晶宮』の目玉『洪洒の湯』は、エメラルドグリーンと淡いピンクを交ぜたような不思議な七色をしていて、見て楽しく、入れば身体の芯まで温かく、なぜか香りは甘やかでもあり爽やかだ。昔から自然と『水晶宮』の地下に集まる清浄な水を汲み上げて焚き、そこへ『水晶宮』一子相伝、門外不出の奇蹟の入浴剤とまで言われる『洪洒』を使っているからで、特に美肌効果に優れており、常連客の肌は老若男女問わずツルピカで美しい。
 だが『水晶宮』ほどではないにしろ、『天主塔ベッド』内の二十人は一度に入れようかという大きな湯殿のことは、ご近所では有名な話だ。前(さき)の守天の代に大理石で作られた立派なそれは、決して『天主塔ベッド』で働く者達の大人数用ではなく、守天のためだけに作られたプライベート浴場だ。
 また、守天の名を継ぐ者はなぜか代々美しい。生まれついてのこともあるだろうが、昔は寝具業とともに化粧品店も経営していたという『天主塔』秘蔵の『聖水美容液』『守護膜パック』のおかげもあるらしいと巷ではまことしやかに囁かれている。
 ゆえに、守天が「大きい湯船に浸かりたい」とか「美肌になりたい(?)」とかいう理由で『水晶宮』へ来るわけがない…はずなのだ。そんな見るからに着替えやタオル等が入ったと見られる風呂敷包みを持ったいでたちでは……。
「それがね…」
 守天は苦笑しながら答えた。
「うち、ボイラーが故障しちゃって…。すぐに修理には来てくれるみたいなんだけど、せっかくだし一度湯屋に行ってみたいなと思って」
「それはそれは」
 やり手の番頭トロイゼンに、理由はいらない。ただ『水晶宮』に来てくれればいい。
 トロイゼンは厳つい笑顔と揉み手で守天を歓迎した。
「そんなわけで、初めてなんだけど…えっと…前金制?」
「ええ。お待ちくだされ。…坊ちゃん。坊ちゃんから、ちゃんとご説明して差し上げて」
「……に、に、にいさま。こっ、ここでっ、はははは入るのですかっ!?」
「え、うん。入らせてもらいたいんだけど。…もしかして、予約制だった?」
「いえ、そんなことは。坊っちゃん!」
 先を促そうと次代の店主に目を向け、番頭は一瞬引いた。『水晶宮』の目玉である『洪洒の湯』と同じ、エメラルドグリーンと淡いピンクを交ぜたような不思議な七色の目を、パッキリ見開いたまま固まっているカルミアにやっとこさ気づいたのだ。
「坊ちゃんっ!?」
(……に、兄様がっ、うううう、うちのお風呂に…っ)
 兄様が風呂に入る、ということは、脱ぐってことで―――
 兄様が脱ぐ、ということは、全裸になるってことで―――
 しかも湯屋で……ということは、他のお客さんも、近所のおじさんもお爺さんもお兄さんも、子供までもが、兄様の肌を兄様の全てを見るという………
「………そんなの許されませんっっ!!」
「ぼ、坊ちゃん…?」
 いつもはおとなしめなカルミアの突然の大声に、トロイゼンも守天も驚く。
「トロイゼン!!」
「は、はい!?」
「店閉めてっ」
「は、はっ!?」
「……カルミア?」
「心配しないで、兄様っっ!! 兄様(の肌)は僕が守ります!!」
「……まもる?」
 そうして、カルミアの剣幕と我侭におされた番頭以下が平謝りに謝り頭を下げまくって、湯に浸かっていた客、身体や髪を洗っていた客、サウナで我慢大会していた客、すべての客に、『水晶宮』からお引取り願い、締め切られた外扉には『本日閉店』の札が下げられた。
 
 
 
 
 


[←No.37〜41] [No.42〜43] [No.44〜48→]

小説削除:No.  管理パスワード:

Powered by T-Note Ver.3.21