[戻る]

投稿(妄想)小説の部屋 Vol.3

ここは、みなさんからの投稿小説を紹介するページです。
以前の投稿(妄想)小説のログはこちらから。
感想は、投稿小説ページ専用の掲示板へお願いします。

名前:

小説タイトル:

小説:

  名前をブラウザに記憶させる
※ 名前と小説は必須です。文章は全角5000文字まで。適度に改行をいれながら投稿してください。HTMLタグは使えません。


総小説数:929件  [新規書込]
[全小説] [最新5小説] No.〜No.

[←No.223〜227] [No.228〜229] [No.230〜234→]

No.229 (2008/06/13 14:00) title:黒海も笑ってる2
Name:薫夜 (51.143.138.210.bf.2iij.net)

その横で無事に返してもらった水城と手をつないだ氷暉が、誰から指輪の事を聞いたのかと冥界教主に尋ねていた。
『君の編集者のおじさんが、担当作家に美談として話して聞かせたのだそうだ』
柢王おじさんの所為か。水城にこんな危ない奴を近付けるとは!氷暉は舌打ちをして、とっておきの情報をテレビカメラに向かって言った。
『柢王おじさんは、桂花おばさん特製の風邪薬を飲まずに会社の机の引き出しに隠しているぞ』
 
桂花の髪をもてあそびながらなんだこの番組はと笑って見ていた柢王は、ぎくりと手を止めておそるおそる桂花を見た。…桂花の目が笑っていない…
「悪かった」
ごめんなさいと先手必勝で謝る。
先日、柢王はひどい風邪をひいて、それでも仕事は休めなかったので、桂花特製風邪薬を作ってもらったのだ。
効き目は10倍、味は100倍苦い(当社比)
始めはちゃんと飲んでいたのだが、治り始めると飲みたくなくなるのだ。
忙しかった事もあって会社の引き出しに入れていたのを、先日同僚に見つかったが、まさか氷暉に知られていたとは…とんだとばっちりだ。
「…薬は最後まで飲み続けないと、変な耐性がつく事があると吾は言いましたよね?」
「忙しかったから、つい」
「つい?なんです?」
「…終わりよければすべてよし?」
「何が終わったんですか?」
桂花の鋭い突っ込みに柢王はたじたじとなる。
体調の悪いまま働く柢王を桂花が心配して、食欲がなくても食べやすく栄養価の高い料理や特製風邪薬を作ってくれた事は嬉しかったし、感謝もしているのだ。
後で渡そうと思っていたのだけれど。
「なんですか?…これは!」
綺麗にラッピングされた包みを開けると、桂花が欲しいと思っていたスカーフカチューシャだった。値段が高いそれを欲しいと柢王に言った事はなかったのに。
「桂花に絶対似合うと思ったんだ…うん、すっげー美人だ」
桂花にスカーフカチューシャをつけて柢王はにっと笑った。
「柢王…」
「心配かけたからな」
結婚しても感謝の気持ちを忘れないで伝えてくれる、自分が欲しいと思ってた物を柢王もいいと思ってくれる。ささやかな幸せに柢王を魅了してやまない素敵な笑みを桂花は浮かべていた。
「ありがとうございます。ですが、次から薬は最後まで飲んでくださいね」
「うっ…たぶん…」
「たぶんとは何です」
「すっげー苦いんだぜ」
「仕方ありませんね。味に関しては、改良しましょう。それに、風邪などひかないように、体調管理も任せてください」
やっぱり、うちの奥さんは世界一だと柢王は思いながら、点けっぱなしになっていたテレビを横目で見ると、番組はエンドテロップになっていた。
 
『この番組に出演する新婚さんを募集している。
真実を見つめ夫婦の絆を深めてみないか?
だが、その事が原因で別れても我らは知らぬ。
切れない絆を我らに示してみよ』
 
なんて恐ろしい番組なのだと脱力して、柢王は桂花の髪に顔をうずめた。


No.228 (2008/06/13 13:58) title:黒海も笑ってる1
Name:薫夜 (51.143.138.210.bf.2iij.net)

「桂花、こっち来て一緒にテレビ見ようぜ」
居間から聞こえた柢王の声に台所で昼食の片付けをしていた桂花は、最後の皿を洗いながら時計を見た。いつの間にかティアとアシュレイが出演する番組の始まる時間になっていたようだ。
「新婚さんを呼んで話を聞く番組でしたか?」
桂花はエプロンを外しながら柢王の隣に座ろうとすると、下から伸びてきた腕に腰を抱きよせられて、柢王の足の間に座らされる。
「そう。アシュレイがこんな幸せそうな新婚さんは他にはいないから是非にって頼まれて、ティアには事後報告で引き受けたらしいぜ」
俺たちだって負けてないけどなと柢王は桂花の腰を抱いたまま笑う。
「ティアさんも私達のラブラブ度をアピールしてくるから、是非見て欲しいとおっしゃってましたね」
「張り切ってたな、どうなる事か楽しみだ」
 
テレビからオープニングテーマが聞こえて、黒髪の二人の男性が優雅にソファーに座っている姿が映る。
『こんにちは。「新婚さん、よく来たね」の司会アウスレーゼと』
ダークグレーのダブルのスーツを見事に着こなした方が、いたずらっぽい微笑を浮かべて言った。
『冥界教主だ。早速、今日の新婚さんに登場してもらおうか』
細身のストライプのスーツを身にまとった方が流し目で登場する場所を示した。
 
「…なあ、桂花。この番組であってるのか?」
「ええ、間違いありませんが…」
笑いながら椅子から転げ落ちる新婚さん番組ではなさそうだし、この二人と新婚さんは似合わない。
 
疑問に思っていると、結婚式を思わせるような曲で、真っ白のタキシードのティアと真っ赤なウェディングドレスのアシュレイが手をつないで登場した。
意外と普通に自己紹介や出会いの話が続いていく。聞き上手な司会者にティアが余計な事まで話しすぎて、照れたアシュレイに怒られる姿が笑いを誘っている。 
『夫婦の間に隠し事があるのではないか?』
アウスレーゼが面白そうに問いかけた。
『ありません』
胸を張って言うティアに、冥界教主が鼻で笑う。
『嘘だな』
『な、何を…』
実はいろいろありますとは言えないティアが焦るのをアシュレイは不思議そうな顔をして見ている。
『証人に登場してもらおうか』
 
優雅に笑った冥界教主の後ろから水城が登場して、冥界教主の膝の上にちょこんと座った。
少し遅れて氷暉がアシュレイ達の後ろから出てきて冥界教主をにらみつける。
『水城を返せ』
『人聞きの悪い事を言うでない。彼女は自分で選んだのだからな』
くくくと笑う冥界教主にアウスレーゼは『お主も悪よのう』と笑って傍観者の構えだ。
ティアとアシュレイは困惑してお互いの顔を見合せた。
『お前の知っている奴らの秘密を話せ』
『くそっ。何も知らん!』
『強情な事よの。これでも白をきるか?』
冥界教主が合図すると後ろにスクリーンが現われて、映像が流れ始める。
 
今より少し幼い水城が「綺麗」とガラスの指輪をうっとり見ている。
氷暉がその値札を見ると「1000円」と。とてもお小遣いで買えるものではないが、毎日のようにガラスの指輪を見に行く妹。
氷暉がティアに何事か囁いて、焦ったティアから「内緒だよ」とお小遣いを貰うところで映像が終わる。
 
冥界教主の指が水城の小さな手にはめられたガラスの指輪をなぞる。
『綺麗な指輪だな。よく似合っている』
『兄さんからのプレゼントなんだ!』
『いい兄さんだな』
自慢する水城に向けた冥界教主の優しい笑顔が氷暉に向けられた瞬間に恐ろしい笑みにかわる。
『…ティア義兄さんは、アルバムの中に壱万円のへそくりを隠している』
観念した氷暉は早口に言った。帰ったら水城に知らない奴についていってはいけない事を教えなければと思いながら。
 
『今日はその金で焼き肉食べ放題だ!』
その言葉を聞いたアシュレイはウキウキとガッツポーズをして、アシュレイの誕生日プレゼントを買おうと思ってたのにとティアは涙目だ。
『あんまりだよ…』
『なんか言ったか?』
『…なんでもありません』
 
弱った顔のティアを見てくつくつ笑う冥界教主にアウスレーゼも笑う。
『なかなか、やるではないか』
『あなたほどではありませんよ』
妖艶で挑発的な冥界教主にこちらは余裕ある大人の微笑みを浮かべるアウスレーゼだ。
『ふふっ…ならば、アシュレイの秘密を教えてあげよう。アシュレイは弟の氷暉とこの間まで一緒にお風呂に入っていたのだよ』
 
何を言われるのかびくびくしていたアシュレイだったが、なんだそんな事かと安心してティアを見ると。
『ずるい!私だって、アシュレイと一緒に入りた…むぐっ…』
慌てたアシュレイの手でティアは口を押さえられた。妻の実家に来てからずっと遠慮してたのに…そうか、みんなが寝たあとならいいのだとその天才的な頭脳でひらめいて、口の前にあるアシュレイの手をペロッと舐めて笑った。
アシュレイが、怒りと羞恥心でドレスと同じくらい真っ赤になって言葉をなくすのをアウスレーゼは楽しそうに見ていた。


[←No.223〜227] [No.228〜229] [No.230〜234→]

小説削除:No.  管理パスワード:

Powered by T-Note Ver.3.21