[戻る]

投稿(妄想)小説の部屋 Vol.3

ここは、みなさんからの投稿小説を紹介するページです。
以前の投稿(妄想)小説のログはこちらから。
感想は、投稿小説ページ専用の掲示板へお願いします。

名前:

小説タイトル:

小説:

  名前をブラウザに記憶させる
※ 名前と小説は必須です。文章は全角5000文字まで。適度に改行をいれながら投稿してください。HTMLタグは使えません。


総小説数:929件  [新規書込]
[全小説] [最新5小説] No.〜No.

[←No.213〜217] [No.218〜218] [No.219〜223→]

No.218 (2008/06/02 01:19) title:出会い☆過去編 その9
Name:砂夜 (p4251-ipbf1407funabasi.chiba.ocn.ne.jp)

ーーパタパタパタ。。パタン!
必死に逃げる赤い影。。一番奥の部屋。他に逃げ場がなくて仕方がないから入るのだけれど。
どこかに隠れようと探すが目に付いたのは大きな窓の前の白いカーテン。
ここであいつが通り過ぎたらそのままこの家から出て行けばいい。
シャッ。お願い。。どうか気づかれませんように。。

カチャ。。。パタン。。
   
遠慮がちに開かれたドアに、アシュレイはカーテンの中、息を潜めて目をつぶる。
今夜は満月。
月の光に照らされて、薄い布越しに浮かびあがる、愛しい人のシルエットを見つめ、
ティアはそっとドアを閉めた。
そんな隠れ方ではすぐに分かるというものだが、きっとこの子はそんなことは計算していないのだろう。

  ティア   『アシュレイ? どうして逃げるの? いつものように怒っていいから』
ティアは、ゆっくりと三歩近づいた。足音はアシュレイにも聞こえているはずだ。
あと少し。手を伸ばせば確実に触れることのできる距離。
でも、こんなに近くにいるのに心は遠い。
カツン。ティアは歩みを止めて、わずかに掠れた声で呼んだ。

  ティア    『アシュレイ・・・お願い、私から逃げないで』


・・・ドキ、ドキ、ドキ・・少しずつ大きくなる鼓動。息が苦しい。。何故こんなに胸が痛いんだ?
   ティア    『アシュレイ・・・』ささやくように言われて。ドキンッ!息が止まる。気づかれた!? 恐くて目を開けられない。。
初めて経験する激しい鼓動。。まともに体が動かない。自分の心がこんなに自由にならないなんて。。
苦しくて苦しくて。。こんなに苦しいのならこのまま自分は死ぬような気がしてならない。
   アー     (そんなの嫌だ!あいつに会えなくなるじゃないかっ!。。。。って、なんて思ったんだ今!)呆然として。。
ようやく。。そうようやく、やっと自分の思いが何であるのかを自覚するのである。。。

あまりにも長い沈黙がお互いを身動きできないままにさせていた。
わずかに開いた窓の隙間からふわりと流れる優しい風。
ひらりと動いたカーテンが彼女の姿をティアの前に現せる。隠れることが出来なくなったアシュレイの目の前にはティアがいる。
ひと目見ただけで嬉しくてただそれだけで流れる涙。
俺はこいつが好きなんだ。。どうしよう?もう動けない。逃げられない。。
からまる視線。近づく人影。堪えきれなくなったアシュレイはそのまま座り込んむがそれでも目は離せない。
  ティア    『・・愛してるよ・・』両手で彼女を抱きしめる。(やっとつかまえた。)
動けないアシュレイ。止まらない涙。もう何も分からない考えることもできない。
ただ分かるのは自分がティアに抱きしめられている。ただそれだけ。。
今宵お互いのぬくもりに酔いしれながら、2人の長い夜が始まる。


[←No.213〜217] [No.218〜218] [No.219〜223→]

小説削除:No.  管理パスワード:

Powered by T-Note Ver.3.21