[戻る]

投稿(妄想)小説の部屋 Vol.3

ここは、みなさんからの投稿小説を紹介するページです。
以前の投稿(妄想)小説のログはこちらから。
感想は、投稿小説ページ専用の掲示板へお願いします。

名前:

小説タイトル:

小説:

  名前をブラウザに記憶させる
※ 名前と小説は必須です。文章は全角5000文字まで。適度に改行をいれながら投稿してください。HTMLタグは使えません。


総小説数:1004件  [新規書込]
[全小説] [最新5小説] No.〜No.

[←No.134〜138] [No.139〜143] [No.144〜148→]

No.143 (2007/08/11 13:13) title:PECULIAR WING 4 ─A  Intermezzo of Colors─
Name:しおみ (l198059.ppp.asahi-net.or.jp)

EXCEPTIONAL RULE

「機長、気持ちはわかりますから落ち着いてくださいね」
「そうですよ、機長に何かあったら俺ひとりじゃあの機は動かせないんですからね」
 真剣顔の航務課スタッフと空也の言葉に、さすがに小一時間ふたりの説得を聞き続けた新米機長はため息をついて、
「わかってます。話はちゃんと聞きますから」
 答えると、ふたりはあからさまにほっとした顔をする。その態度に、アシュレイは複雑な思いを噛みしめた。
 スポットから引きずるように司令塔の部屋に連れてこられてずっと、怒る気持ちはわかるが、新しい問題は起こしてくれるなと、
言葉を尽くしてなだめた空也と航務課はたしかに間違っていない。
 実際、アシュレイは会社員であるパイロット。幼馴染でオーナーであるティアやその他スタッフたちがこの路線開発にかけた労力を
間近に見てきた立場でもある。一発殴ったのは見逃されても、それ以上やったら犯罪者。謹慎どころの騒ぎではない。それにアシュレイが
乗らないとツー・パイの機はたしかに明日までここに置き去りになる。軍のせいで起きたトラブルでもそれは別問題。そんなことになったら
会社はかなり厳しく非難される。
 だから、あとは自分がおとなしくして、航務課や軍や本社の判断に任せるのが筋なのだとは、アシュレイもわかっているのだが……。
(あいつを殴ったことは反省しないからな──)
 思い出すとまた胸がむかむかする怒りが込み上げてきて、新米機長は瞳を燃やす。
 わざとニア・ミスしておきながら、まるでこちらに非があるような言い様。悪びれない態度。確かにものすごくうまいのは認めるが、
空の上に絶対はない。もしあそこで突風でも吹いたら? もしこちらのエンジンがいきなり故障したら? 大惨事になっていた可能性は
いくらでもあるのだ。それを、自分はさっさと逃げ出しておいて──
(勝手なこと言いやがって……!)
 音速で飛ぶパイロットに、旅客機の、それも新米機長の手動操縦がのろまに見えても仕方ないが、安全に飛ぶことは最低限のルールではないか。
 それを──
「き、機長?」
 むっかぁーっ、と握り拳を震わせるアシュレイに、また怒り爆発とみたものか、空也と航務課スタッフが顔を青ざめさせる。
 と、幸いなことにノックの音がしてドアが開いた。
「お待たせしました──」
 入って来たのは、落ち着き払った顔の官僚と、悟りを開いた後のような肝の据わった目をした隊長。三人を見ると、直立不動の姿勢で、
調査委員である官僚が口を開いた。
「事情確認が終わりました。先ほどのニア・ミスに関しては氷暉中尉の意図的な進路妨害だと言うことを本人も認めました。中尉には
軍の規則に従って厳正な処罰を下します。処罰の内容は明日、会議で決定しますが、当分の間、かれが飛ぶことは原則的にないと思います」
 アシュレイは瞳を上げたが、とりあえずこらえる。『原則的』の意味は後から質問しよう。
「処罰は正式に決定し次第、ご連絡します。それと、天界航空社に対しての補償等については明日にでも弁護士とともに連絡させて
いただくことになります。よろしいですか」
 その言葉に、航務課がはいと答える。
 続けて、この事故の影響で機体や乗客に万一異変があった場合の対処など説明があり、航務課がそれをまじめな顔で聞いて、
事務的な話はアシュレイにとってはそっけないほど早々に終わった。が、事故調査は本来延々何ヶ月も行われるものだから今回の
結論の早さ自体が異例なのだ。該当機長としてはそのことはありがたいことだ。
「我々からは以上ですが、他にお知りになりたいことはありませんか」
「聞いても──」
「質問をよろしいですか」
 口を開きかけたアシュレイを遮るように、航務課スタッフが尋ねた。アシュレイはとっさにかれの顔を見た。と、かれはごく
落ちついた顔でアシュレイに頷いた。
「構いませんよ、どうぞ」
 官僚が言うのに、礼を言った航務課スタッフは、丁寧な口調でこう続けた。
「先に断らせて頂きますが、当社は軍の迅速な対応とその後の誠実な態度に感謝しておりますし、軍内部のことに口出しをしたい
意思があるのでもありません。ですから、これは社の質問ではなく、現場で当社の機を保護する立場にあるものとしてのお伺いなのですが」
 その言葉にアシュレイは目を見張る。なにを聞く気だろう? 官僚はやはり落ちついた顔で、
「構いませんよ、続けてください」
「ありがとうございます。それではお伺いします。先程、原則的に中尉が飛ぶことはしばらくないとおっしゃいましたね。ですが、
もしも今度の事故を起こしたのが当社のパイロットであるなら、当社では二度とそのパイロットに空を飛ばせることはしないでしょう。
軍の規準と我々の規準が異なるのは承知していますが、安全な飛行は全ての機が目すものであるはずです。それを越えてまで、
中尉を留め置かれる理由がなにかをお教え願えませんか」
 アシュレイと、そして空也も息を飲んだ。その質問自体はアシュレイが聞きたかったことだ。ただしもっと直接的な言葉で。
だが、なんであんなヤツ辞めさせないのだと言う意味はいまのでも確実に伝わる。それを、航務課のスタッフが口にしてよかったのだろうか?
 ふたりは顔を見合わせたが、スタッフ本人は冷静。そして、官僚はと言えば、これまた予想したような顔で頷いて、
「その質問は当然だと思いますし、おっしゃる通りだと思います。それに対して我々が申し上げられることは、第一には謝罪でしょう。
どのパイロットも安全に飛べて初めて、飛ぶ資格があるといえるのは軍も同だと言えます。ただし──」
 官僚は、言うと瞳を細めた。ふいに、その青い知的な瞳のなかに意思の強さが宿ったように思われた。そして、言った声は、
ごくあたりまえのことを言うようだった。
「我々にはもうひとつ、言えることがあります。軍隊においては、その一機が飛ぶことで、戦局の変わる、エースと呼ばれるパイロットが
存在します。その一機で、そこにいる全ての味方を集めた以上の成果を生み出すことのできるパイロットです。軍の柱が秩序と規律で
あることは私も充分に承知しているつもりです。ですが、危急の際には、私は喜んでその柱を無視するでしょう。なぜなら、
エースとは生還できるパイロットを意味するからです。たとえその数が軍の1%にも足らない存在でも、生還できるパイロットだけが
地上を火の粉から護れる翼だとわかっているからです」
「な……」
 予想もしなかった答えに、アシュレイはあぜんと目を見張る。
 たった一機で戦局を変えるパイロット。そんなものが存在するのか。旅客機の機長としてはその疑問は当然のもので、だから
反論の余地はいくらでもある。
 けれど、ゆるぎない真実は、肌に冷たい刃物を当てられるようなものだ。空の上の安全は誰にとっても大切で、ましてやこんな
平常時の理屈にはまるでできないその理屈を、官僚が口にしたのはそんなことは百も承知の上でのことなのだ。その飛行に文字通り
命をかけているパイロットを間近に、最悪を常に予期している人の、鋼のような現実主義。誰かの理解でその価値の変わらぬ、
それはかれの現実なのだ。
 そして、かれがそれを口にしたのは、アシュレイたちに対しての誠実さなのだと──落ちついた顔の官僚の瞳を見つめたら、
わからずにはいられない。そして、その言葉の意味が胸に落ちていくに連れて、アシュレイの肌には鳥肌が立ってくる。
 と──ふいに、それまで黙っていた隊長が、落ち着いた、穏やかな声で口を開いた。
「皆さんがいまのトライスター大佐の説明に驚かれるのも道理だと思います。ですが、いまのはあくまで究極の場での選択の話です。
大佐も私もそれがどのような時でも通じる理屈だなどとは考えていません。──そこで、これは私たちからの提案です。明後日の
午前、当基地で航空ショーの演習が行われます。それを、ご覧においでになりませんか」
「えっ」
 またもや意外な言葉に三人が聞き返す。と、隊長は先刻、先刻パイロットを怒鳴った時とは打って変わったごく穏やかな笑みを浮かべて、
「実はこの度のニア・ミスの件が王室の耳に届きましてね。大変なお叱りを受けました。当然のことです。王室はこの度のことで
天界航空との関係に亀裂が入ることを大変に憂慮されておられます。それで、軍のパイロットがどのようなものであるのか、
少しでも見て頂ければ、今後ここへ降りられる時に不安を抱かれることも少ないのではないかと、大佐と話した結果なのです。
いま、当基地のヘリが隣りの島までオーナーをお迎えに飛んでいますから、ぜひともご一緒に来て頂ければと思うのですが……」
「オーナーですかっ?」
「ティアっ…じゃなかった、オーナーがここへ来るんですか?」
「はい。王室から、天界航空にご連絡を差し上げたところ、オーナーはすでにこちらに向われているとのことだったそうです。
直行便はもうないですから、乗り継いで明日の朝お見えになられる予定だったようですが、王室からの依頼で隣りの島まで迎えを
飛ばせることになりました」
隊長の答えに、アシュレイたちはふたたび顔を見合わせた。ティアが来るなど予想外だ。
(あいつ、なんで……まさか俺のこと心配で来たりとかしないよな……)
 アシュレイは胸をドキドキさせる。会社にとって笑い事ではない話だが、ティアが来るのはそれこそ社内のルールに反する。
航務課スタッフの瞳に困惑に似た色を見て、アシュレイは瞳を瞬かせた。
 と、またもそれを見取ったのか隊長が笑顔で、
「私の聞いた話では、オーナーは私的な用で島においでになるとのことです。今度の件で意見がおありだとはうかがっておりません」
 アシュレイは瞬間、ホッとした。が、非公式と言ったって、来ることが王室にバレて迎えまで差し出されたらそれはもう堂々と
来るのと変わりはない。
 大好きな親友に会えるのはいつだって嬉しいことではあるが、公式に来ないとしたらたぶん自分が心配で来るのだ。気持ちは
ありがたいけれど、シビアな軍の話を聞いた後では、それはまるで親に庇われる子供のようで、アシュレイは苛立たしいような
悔しいような複雑な気持ちになってくる。
(ティアのヤツ、なんで……──)
「では、オーナーと相談してお返事をさせて頂きます」
 落ちついた態度で答える航務課スタッフの顔を見つめながら、アシュレイは複雑な思いに、強く唇を噛みしめていた──


No.142 (2007/08/01 15:35) title:速やかに満つる想い
Name: (p142037.ppp.dion.ne.jp)

 無音の世界。
 部活動がなく、誰もいないプールの底から見上げる空はどこまでも歪んでいた。
 最近は、何もかもが面倒で、学校へ来ること自体意味がない気がしている。
 水底にいた氷暉がそろそろ上がろうとした時、すぐ上の水面で犬かきなのかクロールなのか分からない、斬新な泳ぎをする赤い髪が横切っていく。

・・・・見事にデタラメなフォームだな。

 必要以上にしぶきをあげて、そのくせなかなか前に進まない男が、いっそう激しく水をたたく。

なんのコントだよ。

 ハチャメチャすぎるその泳ぎに思わず笑って、肺に残っていたものを泡に変えてしまった氷暉は、次の瞬間大急ぎで底を蹴った。
 沈みかかった細い体を受け止めるとそのまま抱きかかえてプールサイドへ上がる。
「―――ッ、ゲホッゲホッ」
「大丈夫か」
 咳きこむ背中をたたいてやるが『要らない』という仕草に気づいて、氷暉は金網にかけておいたタオルを取りに行く。
 ようやく咳がおさまったその体に、タオルをかけてやると、彼のノドからヒューヒューと喘鳴が聞こえてきた。
「喘息もちか」
 だとしたら、早めに吸入させたほうがいい。今は治ったが、妹が小児喘息だったためその発作が苦しいものだということは理解している。
「・・・・ちがう。水飲んじまったとき、変なとこに入ったから・・」
 羽化したばかりの蝶が畳んでいた羽根を伸ばすためにジッとしている様子、アレに似ている。
「助かった、サンキュ。でもお前、どっから湧いてでた?」
 前言撤回。蝶なんかじゃない、セミで充分。
「水の中だ」
「なんだ、先客いたんだ。誰もいないの確認したのにビックリしたぜ」
「秘密の練習か?見事な犬かきだった」
「なっ!・・・・そうだよっ自分でも分かってんだ。だから――」
「俺は氷暉。泳ぎ、教えてやろうか?」
「俺はアシュレイ。お前泳ぎ巧いのか?」
 氷暉を見つめる目が水面に反射する光を映してキラキラしている。「――――まぁ見てろ」
 そのまま飛び込んで非の打ちどころのないクロールで水をきっていく。
「スゲー・・・」
 あっという間に往復してきた氷暉にタオルを渡しアシュレイは興奮したままその腕を掴んだ。
「頼む!俺に泳ぎを教えてくれっ」
 すがるような瞳に苦笑して、自分から言い出したくせにしばし考えるふりをした氷暉は一つだけ条件をつける。
「え〜?髪を伸ばせだぁ〜?冗談じゃねぇよ、ただでさえアチーのに」
「そうか、なら仕方ない。一生犬かきしてるんだな」
「わわ分かった!伸ばすからっ!頑張ってみるからっ!」
 しがみついてくるアシュレイに満足し、氷暉は口元をゆるめた。

 空を見上げる。
 蒼いそれは綿菓子のような雲を所々に浮かべ、どこまでも澄みわたっていた。


No.141 (2007/08/01 15:16) title:密やかに囚われる心
Name: (p142037.ppp.dion.ne.jp)

(来た……)
 上ばきのかかとを踏んで、あくびをしながら目の前を過ぎて行く赤い髪。
 受付で返却本を揃えながらナセルの目は彼を追う。
 水曜日。 
 決まってこの時間に現れる彼は、本を借りるどころか読むことすら一度もなく、ただひと眠りして帰って行く。
 今日もいつもの定位置に腰をかけると寝る体制に入った。 
 自分を入れても片手に満たない人数。
 他の曜日なら、そんなに利用価値が無いのかと、嘆くところだが水曜日は別だ。

『アシュレイ』

 声には出さず、口だけ動かして呼んでみる。彼が貸し出しカードを使ってくれる相手だったなら、その名を誰かの口から聞くこともなかったのに。

――――早く帰りな。勉強なんか、家でやれよ。

 作業を淡々とすすめながら様子を伺う。残っている者たちは連れ合いらしく、たまにボソボソとなにか話をしていた。
 一週間に一度だけしか訪れてくれない人。まだ話したこともない人。

 今日もダメだな…

 二人きりになるチャンスはなかなか巡ってこない。
 ナセルが諦めてため息をついた時、残っていた二人連れが同時に席を立った。
 ガタガタと椅子を戻し数冊の本を借りて図書室から出ていく。

 再び訪れた静寂。

 夕焼けが窓からゆっくりと室内を照らしだし、アールグレイに染めていく。
 ナセルは足音を忍ばせながらアシュレイの前に立った。
 穏やかな呼吸をくりかえし、長いまつ毛がかすかに震えている。
 自分とアシュレイしか存在しないひととき。

「アシュレイ・・・・」

 洛陽が一段と輝きを増し、眠る彼の体をやわらかく包みこんでいった。


No.140 (2007/07/30 20:33) title:恋愛ドラマの作り方  −Final step−
Name:実和 (u064017.ppp.dion.ne.jp)

 アシュレイは天界テレビの社長室から大都会の夜景を眺めていた。まさかこんなところから夜景を見られるようになるとは思わなかった。
「お前、いつも仕事しながらこんなの見てるんだな」
「まぁね。でもこのきれいな光を作っているのって遅くまで仕事している人達なんだなって思うと複雑だよ」
「きれいなものって大変だよな」
アシュレイも頷いた。
ティアはデスクから立ち上がるとアシュレイの横に立った。
「ドラマが中止にならなくて良かった。本当にありがとう。アシュレイのおかげだよ」
「俺はただ仕事しただけだ。お前こそ、しょっちゅう差し入れ持って来てくれてありがとな」
ティアは忙しい仕事の合間を縫って、こっそりスタジオに差し入れを持って来てくれた。それが普段では食べられないような高級な物ばかりでスタッフ達は恐れおののきながらもおいしく平らげていた。もちろん他の番組スタッフには内緒だ。
ティアは首を振った。
「1度現場をじっくり見たいと思っていたんだ。夢が叶ったよ。私こそとても楽しかった」
「そっか?」
準備中のスタジオの様子を本当に熱心に見ていたティアはすっかり現場のスタッフとも顔見知りになってしまっていた。ティアは本当に楽しそうで、アシュレイも何だか嬉しかった。
「うん。アシュレイが何であんなに一生懸命になっていたのか改めて分かったよ。本当に楽しそうだったよね。最終日は涙が出そうだった」
準備完了を祝ってスタジオで乾杯したのだが、ティアも呼ばれて参加したのだった。
「お前も来てくれて、みんな喜んでたぜ」
「本当?まぁ、これからはあんなことできないと思うけど」
ティアは社長だ。生真面目で、それ以上に上司思いの秘書が渋い顔をしながらも時間を作ってくれたけれどいつまでも我侭は言っていられない。
「また、通常業務に戻らなきゃ。現場を近くで見せてもらって今まで以上に頑張ろうって思ったよ。今回みたいなことがまた起こらないようにしっかりしなきゃ」
ドラマ再開の報を聞いて病床の会長はすっかり元気になったが、「恋愛はご自由になさって構いませんが、我が社のためにも番組のことはスタッフ達に任せて下さい」と愛息子に、にっこりぶっすりと釘を刺され、また倒れそうな顔色になった。
「社長業も大変だな」
いつ何が起こるか分からない。誰かに足を引っ張られるかもしれない。それらを全て背負っていかなければならないのだ。
ティアは視線を落とした。
「うん。本当は私がこんな事態になる前にきちんと処理しておかなくてはいけなかったのに。迷惑かけてごめんね。でも・・・本音を言うと逃げ出したいことばかりだ。君が羨ましいよ。私と違って君はたくさんの味方に囲まれている」
思わぬティアの本音にアシュレイは目を見開いた。
「な、何言ってんだよ。1人じゃねーだろ。俺だっているじゃねーか!」
「本当!?」
項垂れていた頭がガバッと上がり、ガシッと両腕を掴まれた。
「本当に私のものになってくれる!?」
・・・一体どう聞いたらそう解釈できるのだ。
「私には君しかいないんだ。20階で会った時からそう思っていた」
いるじゃねーか。あの秘書とか、秘書とか、秘書とか、秘書とか・・・。
「今回は君のために頑張ったんだよ。もちろん親友が主演するからっていうのもあったけど」
「そーだ!ほ、ほら、そいつがいるじゃねーか!」
「あいつは親友。恋人の対象じゃないよ」
こ、恋人!?
アシュレイはザザザーっと後ずさりしたが、ティアは両腕を掴んだままズンズン付いてくる。アシュレイの腰辺りに障害物があたってついに行き止まり。はっと振り向けば高級ソファがスタンバイ。
「ふふふ・・・。この間船便でやっと届いたんだ。イタリアの家具はいいよ」
何の話だ。
「ティ、ティア。俺、い、急いで手直ししなきゃいけないとこが・・・」
「そうだね。私達もやっとクランクインだ」
いっちゃった目でいっちゃった台詞を言うティアを止められる人間は、残念ながらこの場(この地球上)にはいなかった。

「ティア〜〜〜〜!!!」

・・・クランクイン。

 昼少し前、アランは20階の回廊を急ぎ足で歩いていた。今日はゆっくり食事をしている時間がない。テイクアウトしたパスタが入ったランチボックスを抱えてエレベーターホールを目指していると、窓際のソファに誰かが座っていた。通り過ぎようとした時、その人物がヒョイと振り返った。
「やあ、君はアランだったね、営業部の」
「社長!」
アランは立ち止まって、慌てて頭を下げた。
ティアは立ち上がるとアランの前に立った。
「今回のことは君達の頑張りのおかげで予定通り撮影に入ることができた。本当にありがとう」
「いえ、社長のご尽力のおかげです。本当にありがとうございました」
アランはもう1度深く頭を下げた。
「スタッフ達も頑張ってくれたし。ところで君は大道具のアシュレイとは随分親しいみたいだね」
「はい。仕事がきっかけで。あの人は仕事への情熱がすごくて、俺も見習いたいなと思っているんです」
「…でも、彼は職人気質で気難しいところがあって、大変じゃない?」
「いえ。俺、あの人の我侭に付き合うのが楽しいんです」
営業の職業病ですかね。アランは照れくさそうにそう言うと一礼して歩き去った。
ティアはその背中を見つめながら
「異動させちゃおっかなぁ・・・」
と据わった目で呟いた。

「何だ、これってあいつらの話しじゃねーか」
苦笑すると柢王はソファに寝そべりながら眺めていた台本をテーブルの上に放り出した。
「なーに?何か言った?」
声の方へ視線をやるとショートパンツからスラリと伸びた足が近づいてくる。その持ち主は人気女性ファッション誌の専属モデルで、最近はよくCMにも出ている。彼女は柢王の隣のソファに腰を下ろすと台本を手に取り、パラパラと捲った。
「あ、これ、今度あなたが出るドラマでしょ?どんな役?」
「ドジでひたむきなヒロインに恋するプレイボーイのサラリーマン」
「やーだ、ハマリ役じゃない」
「そーお?」
感情移入が役者にとって必須なら、自分には恋愛物なんて1番向いていないと思う。そういえばこの間撮り終えた映画も恋愛が絡んだものだった。映画にしろドラマにしろ、恋愛が全く絡まない話を探す方が難しいだろう。役についてはもちろん毎回真面目に考えているが、特に感情移入しなくてもやっていけるので構わない。
 いつの間にか、彼女は携帯電話でお喋りに興じていた。相手はモデル仲間らしい。柢王は視線をボンヤリと天井に向けた。
スカウトされ、何となくこの世界に入り、人気モデルとしての地位を確立した頃、たまたまもらったドラマでの役がきっかけで瞬く間にトップ俳優となってしまった。周りは常に一流モデルや女優、アイドル達で華やかだし、仕事は結構面白いし順調だ。順風満帆、というのだろう。
「ねぇ、今度のあなたのドラマのヘアメイク担当、誰か知ってる?」
「さぁ?」
話しかけられて我に返った。電話は終っていたようだ。
「『桂花』よ!アタシもさっき聞いてびっくりしちゃったんだけど」
その名前なら聞いたことはある。メディアには出ていないので一般には知られていないが芸能界やファッション業界では知らない者のいないヘアメイクアーティストだ。
「前に友達がショーで彼にメイクしてもらったことがあって。それがぶっちゃけ他のどのヘアメイクさんよりも上手いんだって。おまけに桂花って超絶美形なのよ、アタシも顔だけは見たことあるんだけど。でね、友達が言うには手も超綺麗で、その手で顔や髪に触られて気絶しそうになったってー」
「ふーん」
「あーん、アタシもいつか彼にメイクしてもらいたいな。いーわねぇ、一緒に仕事できるのよ!」
そう言われても男である自分はヘアメイクにはあまり関心が湧かない。むしろソイツが男であることに少々がっかりだ。
「もうっ。柢王ったら!ちっとも関心ないんだから。ちょっとはリアクションくれたっていいんじゃない?」
そう言うと彼女はスプリングをきかせて柢王の頭の横に座ると、唇を尖らせて可愛らしく睨んだ。
「そりゃあ、面白くないさ」
柢王は細い腰に腕を絡ませた。
「とびきりの美人が俺以外の男に目を輝かせているときちゃあね」
彼女は嬉しそうに微笑んで柢王の頬を長い指でつついた。爪はネイルサロンに行きたてらしく、この間会った時とは違う色になっていた。それは昨晩デートした女子アナの爪と同じ色で、流行りなのかなと思った。
「やーね。柢王よりいい男なんていないって思っているのに」
「どーだか」
彼女の柔らかい唇の感触を楽しみながら柢王はアシュレイのことを話すティアの顔を思い出していた。
見たこともないくらいに幸せそうだった。そこまでの過程は柢王も詳しくは知らないが、アシュレイの存在がティアの心を癒したのだろう。そしてアシュレイも。アシュレイは多分顔を真っ赤にして噛み付くように否定するだろうが。その様が目に見えるようで柢王は思わず笑った。
「なーに?」
「べーつに」
いつかそういう相手が自分にも現れるだろうか、と一瞬浮かびかけた思いを柢王は笑い飛ばした。理想と現実が違うことくらいよく知っている。理想は理想でしまっておいて、現実を適当に楽しむのが自分には1番だ。ティアとは背負う物が違い過ぎる。彼は皆が羨むような地位にいるが、日々神経をすり減らす毎日だ。人の羨望なんて何もしてはくれない。それよりも心癒される存在の方が必要だ。自分は世間に顔を知られている分、ある程度の不自由さはあるが、何を背負っているわけでもない。守るものは自分の身一つだ。そんな浮遊感に言いようのない不安が時折掠めるが、それも一瞬だけ。空虚が心を満たすのを許すにはやることが多すぎる。仕事に遊びに。これらがあれば時はそれなりに楽しく過ぎる。順風満帆。結構じゃないか。それで充分だ。
 
 さて、明日はクランクインだ。午前中からだから適当にして寝ておかないと。明日、アシュレイには何と言ってやろうか。きっと何を言っても面白い反応を返してくれるに違いない。

 柢王は片手で彼女の髪に触れながら、もう片方の手で台本を閉じた。

Fin


No.139 (2007/07/27 17:18) title:RECULIAR WING 3  ─A  Intermezzo of Colors─
Name:しおみ (246.153.12.61.ap.gmo-access.jp)

「パイロットが帰還しないっ?」
 アシュレイは信じられない思いで目の前の軍服姿の人々の顔を見つめた。
 と、クリスタル空軍の副指令、隊長、そして事故調査委員の官僚ふたり。どれもおそらく40代、きびきびと有能そうな人たちが、
揃って冷静でまじめな顔で頷き返す。アシュレイが思わず瞳を瞬かせ、
(…パイロットが勝手に無線切って帰って来ないんだぞ? それって、悪いこと、だよな?)
 確認するように、隣りの空也と航務課スタッフの顔を見るのはある意味当然だったかもしれない。
 乗客とクルーの入国と税関手続きをすませ、荷物と共に送り出したアシュレイたちは機体を点検した後、現地航務課と共に
この司令塔に連れて来られた。航務課スタッフも下から見ていたらしく、怒り心頭のアシュレイに、毅然とした顔で頷くと、
「考えられないミスですね。厳重な調査を依頼します」
 言ったのだが──。
 結果はドアが開くなり、並んでいた軍の偉い人たち一同が最敬礼で頭を下げ、
「当基地のパイロットの進路妨害で民間機を危険な目に合わせたことを心から申し訳なく思います」
 と、真摯な態度で完全に自分側の非を認めるという異例な謝罪。天界航空一同はびっくりだ。
 いや、確かに先ほどの事故は明らかに軍のパイロットが悪いはずだが、調査も入らないうちから責任を認めるなんてことはふつうはない。
しかもそうやって丁重に謝った後で、パイロットを束ねる隊長と言う人が落ちついた口調で、
「異例とは承知ですが、680号の無線は切られているため、現在のところ直接連絡は取れません。座標を確認し、迎えの機を
飛ばせていますから、パイロットは一時間以内には戻るでしょう。あなた方には先に事情調査をお願いします」
 と、パイロットが無線切ってバックレました、の報告だ。これで驚かなかったら相当肝が太いと思うが、並んだ皆さんの顔には
狼狽した気配もない。あきらめたように、みんな冷静。
(もしかして、いっつもこんな問題起きてるんだろうか……?)
 あまりにいつもだからみんなこんなに落ちついてるんだろうか。思わずアシュレイは疑ってしまう。
 それでも、当の本人がいない以上、アシュレイも他の人をしめあげるわけにもいかず、納得できないまま、空也とともに聴き取り調査を
受けることに同意したのだった。

 調査が終わったのは小一時間ほどしてから。といって、非は既に決まっていたので、機体の調査も兼ねてだ。
 タラップから、日差しの強い外に出ればガソリンと排気の匂いが焼けた滑走路の方から潮風と共に流れてくる。耳を劈くような
鋭い音に滑走路を見れば、タキシングしてきた銀の機体が滑走路を加速しているところだった。
 左右の主翼に平たい胴を持つ機体はそれ自体が大きな翼のようだ。鋭い機首とコクピット以外は丸みを帯びたものはその主翼と
胴の下の対空ミサイルだけ。後ろに立った水平安定板と平たい尾翼の間の不釣合いなほど大きなタービンからふいに焔が噴き出した、
と、見るうちに一気に舞い上がる。
 それはまるで獲物を襲う猛禽のような鋭さだ。あっという間にゴーンとエンジン音と白い筋を残して雲の向こうにきらめいて、
しばらくすると、どぉーんと雷のような音が上空から届いたのは、機体が音速を超えた証だ。
 その展開の速さにアシュレイは目を見張る。
 旅客機の優先事項は安全と快適性。速度はその後ついてくる。機体も大きく重いからあんな風に急角度で上昇すること自体ムリだ。
たまに軍が一般空港を代替に降りることがあってもそれは最低限の時間だけ、パイロットはターミナルにもよらず去っていく。
だから国際線機機長でも、軍の機やパイロットを見る機会は一般人と大差ない。 
 見渡せば、敷地をうろつくパイロットたちはみんな濃いオレンジのフライト・スーツに長靴姿。手にはヘルメット。かれらはその上、
酸素マスクと対Gスーツをつけ、背中には脱出用のパラシュート・ハーネスを背負って飛ぶのだ。視界を確保するため、コクピットは
パイロットの腰まで窓。ドームのように流れるフォルムの蓋の外はすぐ空の狭い空間だ。旅客機ほどの与圧もないし、耐寒スーツも時には着用。
 同じパイロットと言ってもまるで異なる。旅客機には最大9Gに耐える訓練はなく、離陸中にわざとエンジンから焔を噴かせる
馬力も必要ない。旅客機が長い時間を安全に快適にサービスを盛り込んで飛ぶのと違って、あれは、
「戦闘機、だもんな」
 存在する意味から違う。確実なのは、どちらも乗っている人の命は守られるべきだということだ。
 と、ふいに上空の一角がきらりと光った。ん? と手をかざして見上げればそれは、翼を広げた銀の機影。ギィィーンと鋭い音を響かせて、
減速しているとも思えない速度で見る間に滑走路の正面まで高度を下げてくる。後ろから出てきた官僚がああとうなずき、
「機長、680です」
「えっ」
 慌てて視線を戻すと、機体は滑走路の入り際ですでにアスファルトを鷲掴みにするように機首を起こした角度でタイヤをつくところだ。
引き起こしが早過ぎる。
「パンクするっ…!」
 減速も充分せずにタイヤをつけたら焼き切れて弾けてしまう! そうなったらあの速度の機体は反動で滑走路に叩きつけられる!
 手すりから身を乗り出したアシュレイの目の前で、タイヤがダンっ! と滑走路についた。肌を震わせるいやな軋み。車輪から黒煙が上がる。
と、同時にエンジンがドォーンと火を噴いた。機体は逆噴射しながら鋭い音を立てて滑走路を過ぎていき、そして──
「嘘、だろ……」
 まるで、余分な速度を全部放り出しでもしたように、なめらかに減速していく。すべるように、滑走路の中ほどまで来て、
何事もなかったかのように、速やかにタクシーウェイへと入っていく。倒れるどころか、わずかなブレも見せないで──。
 いつのまにか隣りに来ていた空也が息を飲んで目を見張るが、アシュレイも言葉が出てこない。こんな着陸は見たことがない。
 滑走路が長いのは伊達ではない。十分に減速しないと危険だから何qもあるのだ。それを、あんな速度のまま、入り口でタイヤを着いて、
跳ね飛ばされないどころか奇跡のような減速。ブレもなくタクシーウェイに入れるなんて・・・…。うまい、の域ではない。あれは、神業だ。
 と、その戦闘機はタクシーウェイからこちらの駐機場に入ってくる。ゆらめくような陽炎のなか熱を帯びた銀の機体が間近に迫る。
それは、アシュレイたちのいる機体の隣りでぴたりと止まった。
「帰ってきたぞ!」
 わらわらと整備士や制服姿の人々が機体に駆け寄る。隊長の声が鋭く、
「さっさと降りて来いっ!」
 呼びかけるのに、きらめくドームのコクピットが開く。酸素マスクを外したパイロットの顔はまだわからないが、風に乗って届いた声は、
低く、そして明瞭だった。
「うるせぇな」
 すまなさのかけらもない声。かけられた梯子を降りて来る体躯は刃物を思わせる痩せた長身。そのパイロットは地上に降りると、
めんどくさそうにヘルメットを脱いだ。見ていたアシュレイは思わず身を硬くする。
 それはまるで氷のような色合いをした若い男で──無造作に切った髪も蒼に近い。日差しのせいなのか青味を帯びて見える痩せた面の、
右頬から瞳にかけて、はっきりと目につく傷跡がある。その醒めた瞳が、ふいにタラップから見ているアシュレイたちの方に向いた。
 瞬間、バカにしたような笑みがその酷薄そうな唇に浮んだ──ように思われて、アシュレイの血は一気に熱くなった。
「あっ、キャプテンっ!」
 空也の声を背中にタラップを駆け降りる。その背に慌てた空也と待ち構えていた官僚、一緒にいた航務課スタッフも続いて、
「氷暉! 自分が何をしたかわかっているんだろうな! 今度という今度は容赦しないぞ、わかっているのかっ!」
 大声で怒鳴りつけている隊長の声も消し去るような声で、
「てめえっ、どういうつもりだあぁっ!!」
 アシュレイは叫ぶとパイロットの胸倉めがけて弾丸のように飛びこんだ。相手はアシュレイより背が高い、そのフライトスーツを鷲掴みにして、
「こっちは客を乗せて降りるところだったんだぞっ! なにかあったらどうしてくれてたんだっ!!」
 ルビー色の瞳を怒りに炎のようにして、その男の顔を睨み上げた。
 と、落ちついたを通り越して、バカにしたような低い声が、
「人にどうしたこうしたいう前に、自分の腕を上げろ、ガキ」
 ハッと息を飲むのに、続けて、
「目の前を油断した飛び方でちんたら飛んでるから正気に戻してやっただけだ。なにかあって墜ちていたらそれはおまえの責任だ。
俺はあんなふらふらした機にぶつけられるほど器用じゃない」
 高度の空の最も深い色よりも冷たく濃い藍色の瞳で見下され、瞬間、心臓が冷たくなった。次の瞬間、ドッと逆流。ガツッ、
と音がしたと思うと、握った拳が相手の頬を思いっきり殴っていた。
 空也と航務課が顔色を変えてアシュレイの両腕に飛びつく。
「キャプテン、落ちついてくださいっ!」
「傷害事件はやめて下さいっ!!」
「止めるなっ! あいつの言いぐさはなんだっ! あんなこと言われて引き下がれるかーっ!!」
 アシュレイは暴れたが、ふたりも必死で押さえて放さない。
 と、殴られたパイロットの方は、その頬を押さえるでもなく、よろめくでもなく、ただ、下らない茶番でも見せられたように、肩をすくめ、
「バカの上に直情か。道理でな。隊長、話はなかで聞きます。このちびザルがうるさい」
 くるりときびすを返して去っていこうとする。アシュレイの怒りは全身をまわる火のようだ。取りつくふたりを振り解こうと手足をバタつかせ、
「待てーっ! 誰がちびザルだーっ! 話は終わってないぞっ、待てーっ!」
「わああ、キャプテーンっ!! 気持ちはわかりますから冷静にーっ!」
「わかるなら放せーっ! これが冷静になれるかーっ! 空也、放せっ、放せーっ!!」
 死に物狂いで暴れるアシュレイにも振り返らずに、パイロットはどんどん先へ歩いていく。周りにいた整備士たちは驚いて見ているが、
隊長と官僚はまるで一度見たドラマを見るかのような予期した顔を見合わせると、
「すぐに事情を聞きます」
「詳細は追って知らせます。あなた方は司令塔で待機していて下さい」
 丁寧だが厳しい口調でそう言って、足早にパイロットの後を追いかける。
 後には、アシュレイが両腕にひしとしがみつくふたりを振り払おうと暴れながら、
「放せ、放せっ、放せーっ!!」
 喉が嗄れるほどの大声で叫ぶ声が、炎天下のスポットにこだまするばかりだ──


[←No.134〜138] [No.139〜143] [No.144〜148→]

小説削除:No.  管理パスワード:

Powered by T-Note Ver.3.21