[戻る]

投稿(妄想)小説の部屋 Vol.3

ここは、みなさんからの投稿小説を紹介するページです。
以前の投稿(妄想)小説のログはこちらから。
感想は、投稿小説ページ専用の掲示板へお願いします。

名前:

小説タイトル:

小説:

  名前をブラウザに記憶させる
※ 名前と小説は必須です。文章は全角5000文字まで。適度に改行をいれながら投稿してください。HTMLタグは使えません。


総小説数:1004件  [新規書込]
[全小説] [最新5小説] No.〜No.

[←No.95〜99] [No.100〜100] [No.101〜105→]

No.100 (2007/04/18 23:47) title:パンドラの函(はこ)
Name:桐加由貴 (pd37396.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp)

 絆なんて信じてはいけない、と李々は何度も言っていた。
 求めてもいけない、と。
 その意味を桂花はよく判っていなかった。だから無邪気に言えたのだと思う。
 俺達は魔族同士だから大丈夫だよね――。
 そうねと笑って、ずっと一緒にいましょうね、と続けた声の空ろさも、桂花は気づかないままだった。
 李々はある日突然消えた。
 ――二度と帰って来なかった。

 絆なんて信じてはいけない。その声は今も桂花の頭の中でこだまする。
「ん? どした、桂花」
 閨で睦みあえば、気絶するように眠りに落ちることも珍しくない。だが今夜の桂花は、力ない手で柢王の手を探っていた。
「桂花?」
 指が見つけ出した手のひらはあたたかい。これは、李々が信じてはいけないと言ったものだ。
 信じてはいけない。
 求めてはいけない――。
 きつく閉ざされた眦から涙が筋となって流れ落ちる。
「桂花、桂花? どうしたんだよ」
 李々が教えてくれたことで、桂花のためにならないことは一つだってなかった。
 ならば――。
「おい、桂花」
 首と敷布の間に逞しい腕が差し込まれ、僅かにのけぞった顔を、柢王が覗きこんできた。
「どうした? どっか痛いのか?」
 吾はこのひとを信じてはいけない。
泣きながら自分を見つめる魔族に何を思ったのか、柢王は一方の腕で白い頭を抱え込んだ。
「大丈夫だ。俺がいる。ずっと側にいるから」
 求めては、いけない。
 李々の言葉を信じるなら――。
 天界人の体温の高い体。武将の鍛えられた体つき。剣を使う者の、指の付け根にあるたこ。気遣う眼差し、優しい声。
 己の全てで柢王は桂花を包みこんでいる。
 桂花はきつく眼をつぶった。
(李々・・・ごめん)
 もう自分は李々を選べない。
 それが彼女への裏切りであっても。
「ごめん・・・」
「桂花。大丈夫だ。おまえが謝ることなんて何もない。おまえは何も悪くないから」
 ささやいて涙をぬぐう唇。
「愛してるぜ、桂花。おまえだけだ」
 な、と額を合わせて笑ってみせる男の顔。
 その首に桂花は腕を回した。
「抱きしめててください。ずっと」
 すぐに応えてくれる腕の力強さに桂花は吐息をつく。
(李々・・・。吾を許してほしい・・・)
 瞼の裏に広がる赤い髪に、桂花はきつく眼を閉じた。 


[←No.95〜99] [No.100〜100] [No.101〜105→]

小説削除:No.  管理パスワード:

Powered by T-Note Ver.3.21